ファビオ・「カサルテッリ」仏自転車選手 落車事故からヘルメット着用義務

085vfGoNtd
1995年のツール・ド・フランスで
事故死したイタリアの選手で
その後ヘルメット着用が義務付け
られるきっかけとなったのは?
サルカテッリ
カサルテッリ(答)
Fabio Casartelli
23%

ファビオ・カサルテッリ(Fabio Casartelli、1970年8月16日 – 1995年7月18日)は、イタリア・コモ県アルベーゼ・コン・カッサーノ出身の自転車ロードレース選手。
>同年7月にツール・ド・フランスに出場したが(自身2度目の出場だった)、7月18日の第15ステージにおいて、ピレネー山脈・ポルテ=ダスペ峠の下りで他の数人の選手と共に落車。この際カサルテッリは道路沿いの縁石で顔と頭を強打し、ヘリコプターで病院に運ばれたもののまもなく死亡が確認された。このときカサルテッリは自転車用のヘルメットを装着していなかったことから(この頃はまだレース中のヘルメット装着義務がなかった)、「ヘルメットを被っていれば少なくとも生命は助かったのでは」と指摘する関係者も多い。
>ツール・ド・フランスのレース中の事故で選手が亡くなったことがサイクルロードレース界に与えた影響は大きかった。その後も1999年のカタルーニャ一周におけるマヌエル・サンロマ、2003年のパリ~ニースにおけるアンドレイ・キビレフの死亡事故などもあり、これらの出来事は国際自転車競技連合(UCI)がロードレース中における選手のヘルメット装着義務化に動くきっかけとなった。
カサルテッリは、アルベーゼ・コン・カッサーノの共同墓地に埋葬されている。
引用元:ファビオ・カサルテッリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%93%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%AA