「トリス・スピーカー」MLB最多二塁打 レッドソックス等で活躍 外野手捕殺1位

011btzMjuP
「792本」という大リーグ
通算最多二塁打記録をもつ
レッドソックスやインディアンス
で活躍した戦前の選手は?
・リピーーカススト
トリス・スピーカー(答)
Tris Speaker
52%

トリス・スピーカー(Tristram E. Speaker、1888年4月4日 – 1958年12月8日)は、20世紀前半に活躍した野球選手。ポジションは外野手。テキサス州生まれ。左投げ左打ち。ニックネームは”Spoke”(スポーク)、”The Grey Eagle”(グレー・イーグル)。通算打率.344を記録し、外野守備にも優れた能力を発揮した。
>同時代に活躍したタイ・カッブの影に隠れながらも、通算打率.344を記録し、卓越した外野守備(中堅手)として1910年代の野球界を代表する選手の一人となる。1910年から1915年までボストン・レッドソックスでは左翼手のダフィー・ルイス、右翼手のハリー・フーパーと共に「100万ドルの外野陣」と呼ばれる鉄壁の外野守備を形成していた。
>通算792二塁打は史上1位であり、8シーズンにわたって二塁打数1位を記録する。1919年から1926年には監督も兼任。1920年には選手兼監督としてインディアンスのワールドシリーズ制覇を実現する。22年間の現役生活で通算3515安打を記録する。また映画『The Ninth Inning』(1942年)、『The Kid from Cleveland』(1949年)に出演。
引用元:トリス・スピーカー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC