ひらまつまさじ「平松政次」大洋で活躍 カミソリシュート

004tDDHaGD
「カミソリシュート」を武器に
大洋で活躍した200勝投手です
平松政次
ひらまつまさじ(答)

平松 政次(ひらまつ まさじ、1947年9月19日 – )は、岡山県高梁市出身のプロ野球選手(投手)、野球解説者。
「カミソリシュート」の異名を取る、高速かつ凄まじい切れ味を誇るシュートを武器に、大洋ホエールズで18年間活躍した。愛称は「カミソリ平松」。風邪をよく引いたり故障が多かったことから「ガラスの平松(ガラスのエース)」とも。
>1・2年目はチャンスがなく、一軍選手が雨天のため体育館で練習をした際に、打席に立った近藤和彦から冷やかしで投げさせられたのが、本人も初めて投げたシュートであった。初めて投げたシュートは胸元に食い込み、驚いた一軍選手がコーチに報告してチャンスが到来した[4]。
そして3年目の1969年に14勝をあげて頭角を現す。翌年の1970年は25勝をあげ[5]、最多勝利投手のタイトルを獲得し、沢村賞を受賞。また、セ・リーグのベストナインにも選出された。1971年も17勝で2年連続最多勝。12年連続2桁勝利をあげるなどエースとして低迷するチームを支えた。現役末期は怪我に泣き「ガラスのエース」と呼ばれたが、1983年に200勝を達成。甲子園優勝投手で、投手として名球会入りしたのは現在のところ平松だけである(王貞治と柴田勲は打者として名球会入りしている)[6]。
引用元:平松政次 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%9D%BE%E6%94%BF%E6%AC%A1