「ミゲル・テハダ」アスレチックスでMVPオリオールズで打点王を獲得

053BABqtEu
2002年にはシーズンMVPを
2004年には打点王を獲得した
ドミニカ共和国出身の遊撃手は?
テハ・ダゲルミ
ミゲル・テハダ(答)
Miguel Tejada
57%

ミゲル・オダリス・テハダ(Miguel Odalis Tejada, 1974年5月25日 – )は、ドミニカ共和国・ペラビア州バニ出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。現在はメキシカンリーグのプエブラ・パロッツに所属。
>2002年、打率.308と初めて3割を超え、球団史上1938年のウォーリー・モーゼス以来となるシーズン200本安打を達成した[6]。34本塁打・131打点と自身が持つ遊撃手としての球団記録をさらに更新し、7月24日にはエディ・ジューストの遊撃手としての球団通算本塁打記録を更新[3]。7月9日に行われたオールスターに初めて選出されると、2004年からは3年連続で選出されるようになった。ルイス・カスティーヨの35試合に次いでシーズン2位となる24試合連続安打をオールスター終了後の7月11日から8月6日にかけて記録した[3]。シーズン終盤、チーム20連勝・逆転でのポストシーズン進出の原動力となり57本塁打・142打点でリーグ2冠のアレックス・ロドリゲスを抑え、MVPを獲得している[7]。
2003年5月10日まで打率が1割台で推移したが、最終的に打率は.278で27本塁打106打点を記録した。連続試合出場を594まで伸ばし、球団記録となった。シーズン終了後の10月27日にFAとなり、デトロイト・タイガースやシアトル・マリナーズが獲得に動いた。
オリオールズ時代[編集]
2003年12月18日に総額7,200万ドルの6年契約でボルチモア・オリオールズと契約した[1]。
2004年は1922年にケン・ウィリアムズが記録した155打点に次ぐ150打点をたたき出し[8]、打点王とシルバースラッガー賞を受賞した。
引用元:ミゲル・テハダ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%86%E3%83%8F%E3%83%80