「ベリック・バーンズ」2年連続シーズンMVP パナソニックワイルドナイツのSO

051cHPSFoV
2013-2014、2014-2015と
2シーズン連続でラグビー
トップリーグのシーズンMVP
を受賞したオーストラリア人は?
ズベッリ・クーンバ
ベリック・バーンズ(答)
Berrick Barnes
9%

065NareBRpNVg
スーパーラグビーを運営している
3ヶ国による連合協会です
SANZAR(答)
「南アフリカSA ニュージーランドNZ オーストラリアAR」

042aLRQxHCAfy
次のうち
ザ・ラグビーチャンピオンシップ
に参加している国を
全て選びなさい
南アフリカ共和国(答)
アルゼンチン(答)
オーストラリア(答)
ニュージーランド(答)
引用元:ザ・ラグビーチャンピオンシップ「南アフリカ共和国(SA)」「ニュージーランド(NZ)」「オーストラリア(AR)」「アルゼンチン」SANZAR 「テストマッチ」ラグビーの国際試合 http://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/14791/

オーストラリア代表の中心選手として活躍していた2013年にパナソニック ワイルドナイツ入りを決意し、世界中のファンを驚かせた。2013-2014シーズン、ジャパンラグビートップリーグ1年目でリーグ戦MVPに輝く。レギュラーシーズンの得点ランキングは8位(93点=3トライ、18ゴール、14PG)と数字上は平凡だったが、好判断のパス、キック、ランでチームを引っ張り、プレーオフでも奮闘して3季ぶりのトップリーグ優勝に貢献した。もちろん、ベストフィフティーンにも選出。日本選手権でも司令塔として活躍し、2冠達成を仲間と喜んだ。
引用元:Berrick Barnes ベリック・バーンズ (パナソニック ワイルドナイツ)|Player of the week|RUGBY REPUBLIC(ラグビー共和国) http://rugby-rp.com/column.asp?idx=106411&code_s=10061002

ベリック・バーンズ(Berrick Barnes 1986年5月28日 – )は 、ジャパンラグビートップリーグのパナソニックワイルドナイツに所属するオーストラリア出身のラグビー選手。ポジションはフライハーフ、インサイドセンター。
ニューサウスウェールズ州のクラブラグビー選手権シュート・シールド(The Shute Shield)に参加するシドニー・ユニバーシティ(Sydney University)を経て、2013年シーズンよりパナソニックワイルドナイツと契約。
>2013年、引き続きワラタスに所属するもシーズン前には膝の故障、またシーズンインしてからも右手親指の脱臼など怪我に悩まされる。かねてからスーパーラグビー終了後の海外移籍が取りざたされていたが、5月8日にパナソニックワイルドナイツへの加入が発表された。ブリティッシュ・ライオンズ遠征を迎え撃つワラビーズスコッドに選ばれ第1テストマッチに出場するも脳しんとうを起こして途中交代(現時点でこの試合がワラビーズ最後のキャップ)。この年はテスト1試合、ワラタス6試合の出場に終わり、秋より戦いの場を日本に移すこととなった。
引用元:ベリック・バーンズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA

そんなトップリーグを「日本人が思っている以上に世界的に価値のあるリーグ」と言うのは、パナソニックの飯島均部長だ。2012年度に「ラグビー界でもっともセクシーな選手」と称されていたNZ代表のソニー・ビル・ウィリアムズを獲得した元監督はいう。
「金銭的に見れば、フランスやイングランドの方が日本よりも上ですが、試合数が多くハードです。トップリーグはNZや豪州の選手にとって(欧州と比べて)近くて、プライベートの時間が取れる。あと日本はホスピタリティーもあり、安全という利点もある。外国の選手はお金が一番の選手もいるが、生活を大事にしている選手も多い」
>昨シーズンのトップリーグのMVPであるバーンズに日本に来た理由を聞いてみると「フランスや豪州でプレーしていた方が収入の面では良いかもしれないが、日本が決して安いわけではないんだ。日本でプレーする方が自分にとっても家族にとっても環境面で良いと感じた。豪州からも近いので家族も喜んでいると思う」。つまり、ラグビーとプライベートを両立するための選択だったというわけだ。
引用元:世界的スター選手はなぜ日本を選ぶのか彼らが語る日本ラグビーの魅力 – スポーツナビ http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201408290001-spnavi?p=1