「アンドレア・ピルロ」フリーキックの名手 ミラン・ユベントスからニューヨークシティへ

097IJzTQYC
イタリア代表のMF
フリーキックの名手
ACミラン、ユベントスでプレー
ニューヨーク・シティに所属
アンドレア・ピルロ(答)
ルカ・トニ
フランチェスコ・トッティ
フィリッポ・インザーギ
42%


◯◯◯◯◯◯◯・トルド
◯◯◯◯◯◯◯・ココ
◯◯◯◯◯◯◯・アントニオーリ
◯◯◯◯◯◯◯・トッティ
フランチェスコ(答)

連想
ジョーク本が日本でも発売
2006-2007セリエA得点王
愛称は「王子様」
ASローマに所属
フランチェスコ・トッティ(答)

連想
1996-97セリエA得点王
弟シモーネもサッカー選手
オフサイドすれすれのプレー
現在はACミランでプレー
フィリッポ・インザーギ(答)

アンドレア・ピルロ(Andrea Pirlo, 1979年5月19日 – )は、イタリア・ブレシア県フレーロ出身のサッカー選手。メジャーリーグサッカー・ニューヨーク・シティFC所属。ポジションはミッドフィールダー。フリーキックやペナルティーキックの名手でもある[1]。
>ユヴェントス[編集]
2011年5月18日、6月30日で満了となる契約を延長せずに10年間在籍したミランを退団する事を発表[2]。5月24日、移籍金なしの3年契約でユヴェントスFCへ移籍した[3]。
ライバルからの移籍であることや前年の不振から獲得には疑問の声が上がったが、ミラン時代を思わせるような正確無比なパスで一躍不可欠な存在となった。加入前は2年連続7位だったが、チームはアントニオ・コンテ新監督の下で快進撃を続け2002-03シーズン以来(※2005-06シーズンのタイトルはカルチョポリにより剥奪)のスクデット獲得・ならびに1991-92シーズンのミラン以来20季ぶり2チーム目となる無敗優勝に貢献した。また、この活躍によって、UEFA.comのシーズンレビューで年間最優秀選手に輝いた[4]。 2014-15シーズン、ミラン時代に不仲が噂されたマッシミリアーノ・アッレグリが監督に就任するものの、双方とも不仲を否定。W杯の疲労からか欠場や途中出場が多かったものの、随所で輝きを放ちユヴェントスの二冠とチャンピオンズリーグ準優勝に貢献した。
>ニューヨーク・シティ[編集]
2015年7月6日、MLSのニューヨーク・シティFCに移籍が決定した[5]。
引用元:アンドレア・ピルロ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%94%E3%83%AB%E3%83%AD