「加藤武治」東京学芸大出身 元クアトロK 三菱ふそうから横浜へ

095CRwsCod
東京学芸大学出身
三菱ふそう川崎から横浜へ入団
元クアトロKのメンバー
2006年最優秀中継ぎ投手
川村丈夫
加藤武治(答)
岡本直也
土肥義弘
49%


浦和学院高校出身
1999年明治大学から横浜へ入団
「クアトロK」の元メンバー
2001年最優秀中継ぎ投手
木塚敦志(答)

加藤 武治(かとう たけはる、1978年3月24日 – )は、元プロ野球選手(投手)、野球指導者。
>山形県立山形南高等学校から東京学芸大学、社会人の三菱ふそう川崎を経て、2002年のプロ野球ドラフト会議で横浜ベイスターズに4巡目で指名され入団[1]。東京学芸大学在学中に保健体育科(中学・高校)の教員免許を取得しており、三菱ふそう川崎のスカウトがなかった場合高校野球の指導者を目指していたという[2]。
>2006年シーズンは開幕から中継ぎで起用され、序盤に11試合連続無失点を記録した。当初は木塚敦志や川村丈夫の前を担うロングリリーフが予定されていたが、両者の不調により、クローザーのマーク・クルーンにつなぐセットアッパーを任されるようになった。僅差の試合でも先発が早い回で崩れた試合でも登板した結果、登板試合数はリーグトップの65となり、ホールドポイント35[1](勝利8、ホールド27)で藤川球児と並んで最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得した。この年の加藤は木塚、川村、クルーンと共に4人揃ってリリーフとして好成績を残し、『クアトロK』という総称が与えられた[1]。なお翌2007年に川村と加藤が先発に転向したためクアトロKはこの年限りで解散になった。
引用元:加藤武治 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E6%AD%A6%E6%B2%BB

川村 丈夫(かわむら たけお、1972年4月30日 – )は、元プロ野球選手(投手)、野球指導者。
>2005年は1イニング限定の登板起用がこれまた当たり、56試合登板し防御率は2.31。しかも夏場までは防御率0点台であった。木塚敦志と共に、抑えのマーク・クルーンに繋ぐセットアッパーとしてチームの躍進に貢献。阪神のJFKに匹敵する活躍を見せた。
引用元:川村丈夫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E6%9D%91%E4%B8%88%E5%A4%AB

岡本 直也(おかもと なおや、1983年7月28日 – )は、岡山県倉敷市出身の元プロ野球選手(投手)。
>2012年3月、横浜時代のチームメイトであった橋本太郎と共同で、東京・六本木に但馬牛専門の焼肉店「BEEF MAN 六本木本店」をオープン[16]。2014年1月からは、同店の人気メニューを盛り込んだ「牛ホホ肉の赤ワイン煮弁当」を、「ごちクル」(スターフェスティバル株式会社が運営する全国規模の宅配弁当・配達サービス)向けに提供している[17]。弁当開発の模様を取材した同年1月14日放送の『日経スペシャル ガイアの夜明け』(テレビ東京)では、「元プロ野球選手の店主」として岡本が紹介された[18]。
引用元:岡本直也 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E6%9C%AC%E7%9B%B4%E4%B9%9F

土肥 義弘(どい よしひろ、1976年9月1日 – )は、埼玉県鳩ヶ谷市(現・川口市)出身の元プロ野球選手(投手)、野球解説者。2015年より埼玉西武ライオンズの一軍投手コーチ。
東京ヤクルトスワローズの土肥寛昌とは、再従弟にあたる。
引用元:土肥義弘 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E8%82%A5%E7%BE%A9%E5%BC%98