「クーパー」ジャック・ブラバムが世界王者に ミッドシップ車で初優勝

063biTzDox
イギリスのエフワンチーム
ジャック・ブラバムが世界王者に
1959・60年コンストラクター王者
ミッドシップ車として初優勝
アストンマーチン
マトラ
クーパー
ヴァンウォール
36%


イギリスのエフワンチーム
トニー・ブルックスが在籍
トニー・ヴァンダーベルが設立
初代コンストラクター王者
ヴァンウォール(答)

連想
フランスのエフワンチーム
当初はケン・ティレルが運営
スチュアートが世界王者に
1969年のコンストラクター王者
マトラ(答)

クーパー・カー・カンパニー(Cooper Car Company )は、かつて存在したイギリスのレーシングカーコンストラクター。F1の1959年、1960年度コンストラクターズチャンピオン。F2、F3などの下部カテゴリーでも好成績を収めた。
>翌1958年の開幕戦アルゼンチンGPで、ロブ・ウォーカー・レーシングのモスがコンストラクターとしての初勝利を達成。これはF1史上、プライベーター・チームが記録した最初の勝利でもあった。1959年にはエンジンを2,500ccまでボアアップし、ワークス、プライベーター両チーム合わせて9戦中5勝を記録。コンストラクターズ選手権を初制覇し、ワークスチームのブラバムがドライバーズチャンピオンに輝いた。翌1960年もブラバムの5連勝を含む10戦中6勝を挙げ、両タイトルを連覇した。
>クーパーの快進撃に衝撃を受けた他チームはこぞってミッドシップマシンを開発。チーム・ロータスらの台頭により、徐々にクーパーの優位は失われていく。ブラバムの独立後、ブルース・マクラーレンが新エースとなるも成績は下降。チャーリー・クーパーが死去し、息子ジョンも交通事故で負傷した後、1965年に会社はチップステッド・モーターグループへ売却される。クーパー名義での参戦は続き、1966年にマセラティエンジンを搭載してジョン・サーティース、ヨッヘン・リントらが好走。しかし再び戦力を落とし、1969年末にF1からの撤退を決めた。
引用元:クーパー・カー・カンパニー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%BC

マトラ・オトモビル(Matra Automobile )はかつて存在したフランスの自動車メーカー。
>また、モータースポーツにおけるフランスの復権を唱えるド・ゴール政権の支援を得て、積極的にレース活動を展開した[2]。F1では独自マシンで参戦する一方、ティレルと組んで1969年の世界タイトルを獲得。耐久レースでもル・マン24時間レースを1972年から3連覇するなどの功績を残した。
引用元:マトラ (自動車) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%88%E3%83%A9_(%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A)

アストンマーティン(Aston Martin )は、イギリスの乗用車メーカーでありブランドの名称である。正式な社名は「アストンマーティン・ラゴンダ」である。
>ブランドの名称は、英国バッキンガムシャーの村アストン・クリントン(Aston Clinton )の前半と、創業者のひとりライオネル・マーティン(Lionel Martin )のラストネームに由来する。
>その後、ようやく経営状態は安定するようになる。また、かつてはル・マン24時間レースで好成績を収め、映画007シリーズでは、何度もボンドカーとして登場した。
引用元:アストンマーティン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3

ヴァンウォール(Vandervell Products Ltd)は、かつてF1に参戦していたコンストラクター。1958年に制定されたコンストラクターズ・チャンピオンシップの初代獲得者である。ヴァンウォールという名称は、母体であるヴァンダーベル社とその商標「シンウォール」を組み合わせて命名された。
>クーパー製シャシーにノートンのオートバイエンジンを改造した直4エンジンを搭載したヴァンウォールのF1マシンは、1954年の地元イギリスGPでデビューした。翌1955年まで成功を収められず、マイナーフォーミュラの新興コンストラクターロータス・エンジニアリングにシャシー製作を依頼。コーリン・チャップマンらの手掛けたマシンは徐々に戦闘力を上げ、1956年のノンタイトルレースで初勝利を挙げた。
>チーム発足・参戦から僅か4年で栄光をつかみ、その頂点で実質的に幕を閉じたヴァンウォールの歴史はF1史上でも稀有なものであった。それはまた、クーパー、BRM、ロータスといった英国勢の黄金時代につながる先駆けでもあった。
引用元:ヴァンウォール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AB