「リベリーノ」「ロマーリオ」「ロナウド」「リバウド」「ロナウジーニョ」「ロビーニョ」

169SjnpCOf
次のサッカー選手を
W杯に初出場したのが
早い順に選びなさい
リベリーノ 
ロマーリオ 
ロナウド 
リバウド
ロナウジーニョ
ロビーニョ
56%

ロベルト・リベリーノ(Roberto Rivelino, 1946年1月1日 – )は、ブラジル・サンパウロ出身の元サッカー選手、指導者である。元ブラジル代表で、現役時のポジションはフォワードとミッドフィールダーだった。ニックネームはリーバ(ヒーヴァ)。名前はホベルト・ヒヴェリーノとも表記される。
利き足である左足から巧みなフェイント、正確なパスや強烈なシュートを放ち、またフリーキックの名手でもあることから左足の魔術師と呼ばれた。
>1970年のメキシコワールドカップでは左ウイングのレギュラーとして3得点をあげるなど活躍し優勝に貢献した。ペレを擁したブラジルは圧倒的な強さを見せつけ史上最強のブラジル代表といわれた。
引用元:ロベルト・リベリーノ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8E

ロマーリオ・ジ・ソウザ・ファリア(Romário de Souza Faria, 1966年1月29日 – )は、ブラジル出身の元サッカー選手。現政治家。ポジションはフォワード。1980年代後半から1990年代を代表するストライカーの一人。なお日本では一般的にロマーリオと多く表記されるが、彼の母語であるブラジルポルトガル語では、冒頭の Ro はホと読む場合も多い(地域・年齢などで異なる)。そのため現地リオの発音にしたがってホマーリオなどと表記される場合もある。
現在はブラジル上院議員を務める。
長男はサッカー選手で日本のツエーゲン金沢に所属するロマリーニョ。
>代表[編集]
1987年5月23日のアイルランド戦で代表デビューを飾るとレギュラーの座を掴み、1988年にブラジル五輪代表としてソウルオリンピック準優勝、1989年には南米選手権優勝に貢献した。
引用元:ロマーリオ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%AA

ロナウド・ルイス・ナザリオ・ジ・リマ(Ronaldo Luís Nazário de Lima, 1976年9月22日 – )は、ブラジル連邦共和国リオデジャネイロ市出身の元サッカー選手。ポジションはフォワード。90年代から2000年代を代表するストライカーの1人。
ブラジル代表の一員として4度のFIFAワールドカップ(1994年アメリカ大会(出場機会なし)、1998年フランス大会、2002年日韓大会、2006年ドイツ大会)に出場。MVPに選ばれたフランス大会では準優勝、得点王になった日韓大会では優勝に大きく貢献した。ブラジル代表通算62得点は77得点のペレに次ぐ第2位。1999年・2000年の大怪我以降トップコンディションに戻ることはなかったが、それでも高いゴールへの嗅覚を発揮し多くの得点を挙げた[2]。
引用元:ロナウド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%83%89

リバウド・ヴィトール・ボルバ・フェレイラ(Rivaldo Vítor Borba Ferreira, 1972年4月19日 – )は、ブラジル出身の元サッカー選手。元ブラジル代表。「レフティモンスター」「左足の魔術師」と言われる。
他の表記としては、リバルド、リヴァウド、リヴァルド、ヒバウド、ヒバルド、ヒヴァウド、ヒヴァルドなどがある。
>FIFAワールドカップではブラジルの栄光のNo.10を1998年と2002年の二大会にわたって背負った。1998 FIFAワールドカップ大会では、準々決勝で当時世界最高のゴールキーパーと言われていたデンマーク代表のピーター・シュマイケルから2得点を奪い計3得点をあげるものの、ブラジル国民を納得させることが出来なかった。
引用元:リバウド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%89

ロナウジーニョ(Ronaldinho)こと、ロナウド・デ・アシス・モレイラ(Ronaldo de Assís Moreira, 1980年3月21日 – )は、ブラジル・ポルト・アレグレ出身のサッカー選手。元ブラジル代表。ポジションはフォワード。愛称はガウショ[2]。 国内では「ロナウジーニョ・ガウショ」と呼ぶのが一般的である。
>2002年には初めてのFIFAワールドカップとなる2002 FIFAワールドカップの代表メンバーに選ばれ、コパ・アメリカ1999を共に制したロナウドやリバウドなどと共に脅威的な攻撃陣を構成した。大会を通じて5試合に出場して2得点し、更にいくつかの重要なアシストでもチームに貢献した。
引用元:ロナウジーニョ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%A7

ロビーニョ
ロビーニョ(Robinho)ことロブソン・デ・ソウザ(Robson de Souza, 1984年1月25日 – )は、ブラジル・サンパウロ州サン・ヴィセンテ出身のサッカー選手。カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA・アトレチコ・ミネイロ所属。ブラジル代表。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。
攻撃的なポジションなら大抵こなすことができる。世界最高クラスのドリブルの名手。高い得点力とともに、シザーズなどのプレーで見る者を魅了する[2]。「ドリブル・キング」や「フェイント百科事典」等の異名を持つ。ロビーニョとは「小さなロブソン」と言う意味である。
>代表[編集]
2004年にはブラジル代表に招集され、同年、FIFAコンフェデレーションズカップではチームの優勝に一役買う。
2006年のW杯の代表にも選出され、4試合に出場。準々決勝の対フランス戦では、ブラジルが負けたにもかかわらず試合終了後にユニフォーム欲しさにジダンに駆け寄った。
2010 FIFAワールドカップでは決勝トーナメント1回戦のチリ戦で自身W杯初得点を挙げ、勝利に貢献。この試合のマンオブザマッチに選出された[10]。続く準々決勝のオランダ戦でも先制点を挙げたが、チームは逆転負けし敗退した。
>デビュー当初は「夢はバルセロナに移籍しロマーリオからロナウド、リバウド、ロナウジーニョと続くRの系譜を受け継ぎたい」と語っている。
引用元:ロビーニョ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%A7