「森岡茂」ガンバ大阪「遠藤彰弘」横浜マリノス「服部年宏」ジュビロ磐田

134ZVPQNkB
次のアトランタ五輪
サッカー日本代表メンバーと
当時所属していたチームの
正しい組み合わせを選びなさい
森岡茂───ガンバ大阪
遠藤彰弘───横浜マリノス
服部年宏───ジュビロ磐田
39%

森岡 茂(もりおか しげる、1973年8月12日 – )は愛媛県大洲市出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダー。
>高校卒業後、1992年にガンバ大阪に入団し、1996年にはアトランタオリンピック日本代表に選出される。1999年は京都パープルサンガ、2000年からはヴィッセル神戸でプレーした。
2002年、五輪代表時代の恩師西野朗に呼び戻され再び古巣のガンバ大阪でプレーしたが、徐々に出場試合数が減少。2005年、クラブのJリーグ初制覇を見届けて退団。
引用元:森岡茂 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E5%B2%A1%E8%8C%82

遠藤 彰弘(えんどう あきひろ、1975年9月18日 – )は、鹿児島県出身の元サッカー選手(MF)。
実弟はガンバ大阪に所属している遠藤保仁。横浜在籍時、ガンバとの対戦は兄弟対決として注目されることも多かった。
>1994年にJリーグの横浜マリノス(後の横浜F・マリノス)に入団。長きに渡りレギュラーとして活躍した。2004年には中村俊輔の移籍で空いた10番も付けたが、2005年には故障に加え、補強選手や若手の台頭もあって出場機会が激減。7月にヴィッセル神戸に完全移籍した。2008年に契約満了で退団後、5月13日に引退を発表した。
「マイアミの奇跡」で知られる1996年アトランタオリンピックのU-23日本代表では、背番号10を背負った。2001年にはフル代表候補に選出され、合宿に参加した経験がある。

服部 年宏(はっとり としひろ、1973年9月23日 – )は、静岡県清水市(現静岡市清水区)出身の元プロサッカー選手。現役時代のポジションはディフェンダー、ミッドフィールダー。
>10代から日本代表に選出しており、1998年ワールドカップ、2002年ワールドカップに出場[2]。監督がトルシエからジーコに変わってからは左サイドバックとして起用されたが、世代交代やシステム変更もあり代表から外れた。
ジュビロ黄金時代、攻撃面でも豊富な運動量で、ロングパスを放ったり攻撃参加をしてラストパスを出したり、守備に攻撃へとピッチ内では幅広く活躍。
引用元:服部年宏 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%8D%E9%83%A8%E5%B9%B4%E5%AE%8F