「24秒」バスケットのショット制限時間 ショットクロック

037gxAxiZf
バスケットボールで、ボールを
持ったチームは◯◯秒以内に
シュートを打たねばならない?
◯を答えなさい
24(答)
37%

zzdHRal
ショットクロック
引用元:ショットクロック [UX0040] | molten モルテンスポーツ事業本部 http://www.molten.co.jp/sports/jp/equipment/counter/detail/ux0040.html

ショットクロック(Shot clock)とはスポーツ用語。バスケットボールやビリヤードなどで使用される。
>バスケットボールではショットの時間制限を示し、ボールポゼッションを有するチーム(攻撃側)は一定時間以内にショットをし、ゴールするか、そのボールがリングに触れなくてはならない。その制限時間は、ボールポゼッションが変わった時にスタートし、国際ルール[1]やNBA[2] では24秒、ミニバスケットボールでは30秒である。それがインプレー中に減じて行き、0となった時点で、ショットクロックヴァイオレイションとなる。右写真の7:09がゲームクロック、10がショットクロックを表示している。
制定のきっかけ[編集]
ショットクロックの制定のきっかけにはジョージ・マイカンの存在が大きい。1950-51シーズン・11月22日のレイカーズ対フォートウェイン・ピストンズ戦で18-19というスコアが出たためである。ジョージ・マイカンにボールを支配されないよう、相手側がボールを保持し続けていたことから、観客側から抗議が殺到。1954年-55年シーズンから24秒ルール、すなわちショットクロックが制定されたのである。
引用元:ショットクロック – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF