「アルミニア・ビーレフェルト」尾崎加寿夫が所属

084GEioKrp
085JWwJVbv
ブンデスリーガ初の日本人
サッカー選手、奥寺康彦が
最初にプレーしたドイツの
クラブは1FCケルンですが

ブンデスリーガでプレーした
2人目の日本人サッカー選手
尾崎加寿夫が最初にプレーした
ドイツのクラブは?
ブレーメン
アルミニア・ビーレフェルト(答)
レバークーゼン
1FCケルン
50%

尾崎 加寿夫(おざき かずお、1960年(昭和35年)3月7日 – )は、日本の元サッカー選手、サッカー解説者。ポジションはフォワード。奥寺康彦や風間八宏らと共に1980年代に西ドイツでプレーした、現在の海外組と言われる選手達の草分け的存在である。
>1981年、日本代表に選出される。1982年6月、日本代表としてジャパンカップキリンワールドサッカー82(現・キリンカップ)に出場。対フェイエノールト戦で4得点を挙げるなど、計6得点の活躍をする(この時訪日したヴェルダー・ブレーメンには奥寺康彦が所属していた)。7月、日本代表として西ドイツ遠征に参加。この時対戦したビーレフェルトのホルスト・ケッペル監督に、練習への参加を要請される。10月、三菱の4年ぶりの日本サッカーリーグ制覇に貢献し、アシスト王と日本年間最優秀選手賞を受賞。
1983年6月、ジャパンカップ83を体調不良を理由に欠場。この期間に無断で渡独しビーレフェルトの練習に参加していた事が発覚すると、選手規定に抵触するとして大問題に発展した(「尾崎問題」)。7月、三菱重工サッカー部を退部しビーレフェルトに移籍。8月13日、ドイツ・ブンデスリーガに日本人2人目のプロ選手としてデビュー。初戦のシャルケ04戦で先発出場を果たすと、前半に左から鋭く切れ込み西ドイツ代表の守護神ハラルト・シューマッハーを破り初得点を決める。11月5日、奥寺康彦の所属するブレーメンと対戦。これが海外での日本人選手同士の初対決となった[3]。
引用元:尾崎加寿夫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BE%E5%B4%8E%E5%8A%A0%E5%AF%BF%E5%A4%AB