「弘田澄男」1974日本シリーズでMVP

089PLvZLlL
ロッテ・オリオンズが
1974年に日本一になった時に
日本シリーズMVPを
獲得した選手は?
有藤道世
木樽正明
村田兆治
弘田澄男(答)
40%

弘田 澄男(ひろた すみお、1949年5月13日 – )は、高知県宿毛市出身の元プロ野球選手(外野手)、監督、野球解説者、評論家。
2012年からは、四国アイランドリーグplus・高知ファイティングドッグスの指導者となり、2014年から2年間、監督を務めた。
>1971年のドラフト3位でロッテオリオンズに入団。163cmと当時一番小さな選手であったが、2年目の1973年7月11日の日拓ホーム戦ではサイクル安打を達成するなど、中堅手のレギュラーに定着。1974年の日本シリーズでは、星野仙一から日本一を決める一打を放ち、シリーズMVPを獲得した。その後も長くオリオンズのリードオフマンとして活躍し、3度の半期優勝に貢献。闘志あふれるプレーと俊足、好守が持ち味で、ダイヤモンドグラブ賞(現・ゴールデングラブ賞)を通算5回受賞した。
引用元:弘田澄男 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%98%E7%94%B0%E6%BE%84%E7%94%B7

弘田澄男ひろたすみお
プロ野球選手・コーチ。

右投右打、ポジションは外野手。背番号は3→1番。

1949年5月13日生まれ。高知県出身。

高知高校で夏の甲子園に出場。

卒業後、四国銀行で活躍。丸善石油へ補強選手として都市対抗野球に出場。

1971年、ドラフト3位でロッテオリオンズに入団。

1年目より不動の1番打者、バントの名手として活躍。

1974年、リードオフマンとしてリーグ優勝に貢献。日本シリーズではMVPを獲得、日本一に貢献した。

1984年、藤倉多祐?との交換トレードで阪神タイガースに移籍。

北村照文・吉竹春樹と併用で出場。

1985年、2番打者として新ダイナマイト打線を支え、阪神タイガースのセ・リーグ優勝、日本一に大きく貢献した。

1987年、引退表明も、撤回。選手兼任コーチとなる。

翌1988年、現役引退。
引用元:弘田澄男とは – はてなキーワード http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%B0%C5%C4%C0%A1%C3%CB