「FW」高木琢也「アジアの大砲」

209lWooJaQ
元サッカー日本代表・高木琢也が
Jリーグでプレーしていた時に
最も多かったポジションは?
FWをタッチ(答)

高木 琢也(たかぎ たくや、1967年11月12日 – )は、日本のサッカー選手、元サッカー日本代表選手(FW)・指導者(JFA 公認S級コーチ)。大阪商業大学卒業。
家族は妻と一男一女。長男はサッカー選手の高木利弥。
>現役時代は、184 cm・85 kg(公式発表では188cm・82kgとなっているが、高木本人がTBSでの山田邦子の番組にゲスト出演した際に184cm・85kgと語っていた)という恵まれた体格を生かしたポストプレーやヘディングを武器に得点を重ねたセンターフォワード。「アジアの大砲」と呼ばれ、ハンス・オフト監督時代の日本代表におけるターゲットマンとして攻撃のキーマンであった。
引用元:高木琢也 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%9C%A8%E7%90%A2%E4%B9%9F