W杯得点王だったJリーガー「スキラッチ」「リネカー」「ストイチコフ」

150SebixOL
歴代サッカーのW杯得点王で
Jリーグでプレーしたことが
ある選手の名前をファミリー
ネームで1つ答えなさい
スキラッチ(答)
リネカー(答)
ストイチコフ(答)

サルヴァトーレ・スキラッチ(Salvatore Schillaci, 1964年12月1日-)は、イタリア・パレルモ出身のサッカー選手。選手時代のポジションはフォワード。「トト」のニックネームで親しまれた。イタリア語の発音により近づけた表記は「スキッラーチ」(「ッ」は「ラ」の前)となる。
>この活躍によりイタリア代表に選出され1990年3月31日のスイス戦で代表デビューを果たし、その2ヵ月後に開催された地元でのイタリアW杯では不調のアンドレア・カルネヴァーレに代わって出場し、7試合で6得点を記録し得点王となると共にゴールデンボール賞を受賞し、イタリアを3位へ導いた。
しかし、その後は故障などもあって本来の実力を発揮できず、1992年にはインテル・ミラノへ移籍したが不振に終わり、1994年からはジュビロ磐田でプレー。磐田での登録名はスキラッチ。1995年には福田正博に次ぐ31得点を挙げた。1997年シーズン早々に腰痛が悪化して帰国。そのまま磐田を退団して現役を引退した。
引用元:サルヴァトーレ・スキラッチ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%81

ゲーリー・ウィンストン・リネカー OBE(Gary Winston Lineker OBE, 1960年11月30日 – )は、イングランド・レスター出身の元イングランド代表サッカー選手。ポジションはフォワード。ガリー・リネカー、ギャリー・リネカーと表記されることも多い。
>青果商の息子として生まれ、1974年に地元のクラブチーム・レスター・シティに入団。1984年5月26日のスコットランド戦にてイングランド代表に初招集された。1986年のワールドカップ・メキシコ大会では直前に手首をケガしギプスをつけた状態で出場、一次リーグ最終戦のポーランド戦で前半だけでハットトリックを達成するなど6得点を挙げて得点王に輝き、1990年のワールドカップ・イタリア大会でも4得点を挙げ、その大会以降はブライアン・ロブソンの後を継ぎ主将をつとめた。
>1993年のJリーグ開幕時に名古屋グランパスエイトに移籍。当時のJリーグ最高年俸(3億円)だった。しかし、Jリーグでは周囲が期待するほどの活躍ができないまま2年目の1994年シーズン終了後をもって現役を引退した(リーグ戦通算18試合出場4得点)[2]。
引用元:ゲーリー・リネカー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%8D%E3%82%AB%E3%83%BC

フリスト・ストイチコフ(Христо Стоичков, Hristo Stoichkov, 1966年2月8日 – )はブルガリア・プロヴディフ出身の元サッカー選手。サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワード、ミッドフィールダー。
1990年代にFCバルセロナの中心選手の一人としてリーガ・エスパニョーラ優勝などに貢献[4]。ブルガリア代表としても1994年に行われたワールドカップ・アメリカ大会において6得点を挙げ得点王となり同国のベスト4進出(最終成績は4位)に貢献し[4]、バロンドール(欧州年間最優秀選手賞)を受賞。現役引退後はブルガリア代表などで監督を務めていた。
>1998年にJリーグの柏レイソルへ移籍。2000年からはアメリカ合衆国のメジャーリーグサッカー (MLS) のシカゴ・ファイアーへ移籍し、同年度の優勝を決めるMLSカップに進出し準優勝に貢献。2003年に同じくMLSのD.C. ユナイテッドへ移籍してアシスタントコーチ兼選手を務め、シーズン終了後の同年12月に現役を引退した[4]。
引用元:フリスト・ストイチコフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%81%E3%82%B3%E3%83%95