浦和レッズ歴代監督「ケッペル」「ア・デモス」「チッタ」「ハンス・オフト」「エンゲルス」「

089okbsMGN
次のうち、浦和レッズで
監督を務めたことがある人物を
全て選びなさい
ザムフィール「ジェフユナイテッド千葉」
デラクルス 「横浜Fマリノス」
ハンス・オフト(答)
チッタ(答)
ケッペル(答)
ア・デモス(答)
エンゲルス(答)

RDiygxv
引用元:Jリーグチーム情報 浦和レッズ 歴代監督情報 | FootballGEIST http://footballgeist.com/team/%E6%B5%A6%E5%92%8C%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BA&id=managers

ホルスト・ケッペル(Horst Köppel、1948年5月17日 – )は、ドイツ・シュトゥットガルト出身の元サッカー選手(MF)・コーチ・監督。
>1997年にJリーグの浦和レッドダイヤモンズの監督に就任した。浦和では前任のホルガー・オジェックが根付かせた堅守に加えて攻撃的スタイルを植えつけることが期待されたが、成績は思うように伸びず、選手・ファンからの信任も得られず1年で退任。
引用元:ホルスト・ケッペル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%9A%E3%83%AB

ア・デモス(Aad De Mos、1947年3月27日 – )は、オランダ・ハーグ出身のサッカー指導者。
1999年にはJリーグ・浦和レッドダイヤモンズの監督を務めた。
引用元:ア・デモス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A2%E3%82%B9

チッタ(Tita、本名:Milton Queiroz da Paixão、1958年4月1日 – )は、ブラジル・リオデジャネイロ出身のプロサッカーの選手・コーチ・監督。
>引退後はヴァスコ・ダ・ガマでコーチを務めた後、アメリカーノFC、バスコ・ダ・ガマで監督を務めた。2001年はJ1に復帰した浦和レッドダイヤモンズの監督に就任した。1stステージは7位と健闘したが2ndステージに入ると早々に辞任した。
引用元:ミウトン・ケイロス・ダ・パイション – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

ハンス(Hans)の愛称で知られるマリウス・ヨハン・オフト(Marius Johan Ooft、1947年6月27日 – )は、オランダ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。選手時代のポジションはFW。ドーハの悲劇時の日本代表監督。
>その後、1994年からはJリーグのジュビロ磐田、1998年に京都パープルサンガ、2002年からは浦和レッドダイヤモンズ監督を歴任。磐田では、チームを強豪に育て在任中は、何回か優勝争いに絡み、磐田退任後の翌年磐田は優勝した。京都では、大嶽、山田、森保、岩本、黒崎など積極的に補強したものの、結果を残すことが出来ずワールドカップ開催中に成績不振を理由に辞任。浦和監督時代の2003年にはナビスコカップを制覇。チームに初タイトルをもたらしたが、社長だった犬飼基昭と目指す方向性の違いにより、退任(事実上の解任)。その不満からか、ナビスコカップを制覇した試合後の記者会見にて退任を発表し話題を呼んだ。
引用元:ハンス・オフト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%95%E3%83%88