こづるまこと「小鶴誠」 NPB史上初シーズン50本塁打「和製ディマジオ」

069GnrfpXT
日本プロ野球史上初めて
シーズン50本塁打を記録した
選手は◯◯◯?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
こづるまこと(答)
「小鶴誠」


日本人初のシーズン50本塁打
松竹ロビンスで活躍
シーズン打点161はプロ野球記録
愛称は「和製ディマジオ」
小鶴誠(答)


1950年5月に小鶴誠が記録した、日本プロ野球における月間最多打点の記録は○○点?
39(答)


日本プロ野球で1シーズン50本塁打以上を記録した日本人選手をフルネームで1人答えなさい
おうさだはる 王貞治
のむらかつや 野村克也
おちあいひろみつ 落合博満
こづるまこと 小鶴誠
まついひでき 松井秀喜

小鶴 誠(こづる まこと、1922年12月17日 – 2003年6月2日)は、福岡県飯塚市出身のプロ野球選手(外野手、内野手)。
美しい打撃フォームで、風貌もジョー・ディマジオに似ていたことから『和製ディマジオ』と呼ばれた[1]。
シーズン打点数・塁打数・得点数の歴代1位記録保持者。
>1950年、松竹ロビンスに移籍。岩本義行、大岡虎雄、金山次郎らと共に「水爆打線」と呼ばれた強力打線を形成した。この年は前年に生まれた藤村富美男の日本記録の46本を更新する47本を放ち、さらに11月2日の対大洋ホエールズ戦(日生球場)において、3回大洋の今西錬太郎からレフトへ日本プロ野球史上初のシーズン50本目の本塁打を放つ[3][4]
>^ 1963年に野村克也(52本)に破られるまでは日本記録で、1964年に王貞治(55本)に破られるまではセ・リーグ記録であった。
引用元:小鶴誠 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E9%B6%B4%E8%AA%A0