「藤川球児」NPB史上初100セーブ100ホールド

052OfqWVYa
066JkeQRvc
日本プロ野球で初めて
通算100セーブと100ホールドを
両方達成したピッチャーは?
ひらがなで答えなさい
ふじかわきゅうじ(答)
「藤川球児」
48%

CIMG3964
2012年4月にプロ野球史上
5人目の通算200セーブを達成
した投手は◯◯◯◯?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
ふじかわきゅうじ(答)


「和製火の玉投手」と呼ばれた、1950年にパ・リーグの新人王を獲得した毎日の選手は◯◯◯?
あらまきあつし(答)
「荒巻淳」

藤川 球児(ふじかわ きゅうじ、1980年7月21日 – )は、阪神タイガースに所属する高知県高知市出身のプロ野球選手(投手)。血液型はO型。右投左打であり選手登録上も同様であるが、相手投手の利き手によっては右打席に入る場合がある[1]。実兄の藤川順一は、かつて四国アイランドリーグplus・高知ファイティングドッグスのゼネラルマネージャーを務めていた。
1999年から2012年まで阪神に在籍した後に、2013年から2015年の5月まで、シカゴ・カブスおよびテキサス・レンジャーズの投手としてメジャーリーグ公式戦に登板した。高知での日本球界復帰(2015年6月 – 9月)を経て、2016年シーズンから阪神に4年振りに復帰。
>2011年も抑えとして活躍し、前半戦は26試合に登板して防御率0.76(自責点2)で昨年に続いてファン投票(セ・リーグ抑え部門1位)で7年連続のオールスターゲームに選出され、第1戦では2007年同様にセ・リーグから登板した9人の投手のうち最後に登場して試合を締めた。8月25日の対巨人戦で同点の場面で登板し3者連続三振で1回を抑え、この登板で通算100ホールドを記録し、史上初の通算100ホールド・100セーブの2つを達成した投手となった。
>オーバースローから投じる「火の玉ストレート」と呼ばれる[79]平均球速約149 km/h[80]、最速156 km/hのストレート[81]を最大の武器とし、フォークとカーブも混ぜる[82]。ストレートは手元で浮き上がるような伸びを特徴とし[83]、一軍に定着した2005年からの日本通算奪三振率は12.81という高い数字である。
>理化学研究所によるコンピュータシミュレーションの結果、これらの要素を加味した場合、藤川のストレートは最大で一般的なプロ野球の投手のストレートに比べ30 cmも落差に差が付くことから、他の投手のストレートの感覚で打者がスイングした場合、ボールがバットに全く当たらないことが実証された。
引用元:藤川球児 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%B7%9D%E7%90%83%E5%85%90