「河内(かわち)洋」騎乗3歳クラシック制覇 「アグネスレディー」「ハシハーミット」「メジロラモーヌ」「アラホウトク」「アグネスフローラ」「ニシノフラワー」「アグネスフライト」「アグネスタキオン」

058gFcNolo
河内洋の騎乗により、中央競馬の
3歳クラシックレースを制した
競走馬を1頭答えなさい
メジロラモーヌ(答) 1986「桜花賞」「優駿牝馬」
アグネスフライト(答) 2000「東京優駿」
アグネスタキオン(答) 2000「皐月賞」
アグネスフローラ(答) 1990「桜花賞」
アグネスレディー(答) 1979「優駿牝馬」
ハシハーミット(答) 1979「菊花賞」
アラホウトク(答) 1988「桜花賞」
ニシノフラワー(答) 1992「桜花賞」

河内 洋(かわち ひろし、1955年2月22日 – )は、日本中央競馬会(JRA)に所属する調教師、元騎手。
1974年に中央競馬でデビュー。関西新人賞を受賞するなど早くから頭角を現し、1980年には全国リーディングジョッキー(年間最多勝利騎手)となる。以後1985年、1986年と三度その座に就いた。短距離路線整備の黎明期にマイルGI競走で3勝を挙げたニホンピロウイナー、中央競馬史上初の牝馬三冠馬メジロラモーヌ、「アグネス一族」と称された母仔三代にわたる4頭のクラシック優勝馬など数々の活躍馬の手綱をとり、2000年には史上5人目の五大クラシック完全制覇を達成。2001年には史上3人目、関西所属騎手としては史上初の通算2000勝を達成した。2003年に騎手引退。JRA通算成績は14940戦2111勝、うちGI競走22勝を含む重賞134勝。通算勝利数は引退時点でJRA史上第2位の記録であった。2014年、JRA騎手顕彰者に選出[4]。
2005年より栗東トレーニングセンターで調教師として開業。
>また、特別模範騎手賞を受賞しているように、フェアプレーに努めた騎手であった[9]。河内は引退に際し自身の騎手生活を総評し、「最後まで、人に納得してもらえる騎乗を心掛けたつもり。この人が乗って負けたらしょうがない、という単純なものでなく、こういう競馬をしてくれても負けたんだから、しょうがないか、と納得してもらえる騎乗。それに近いものはできたように思う」と語っている[9]。
>八大競走・三冠競走・GI競走優勝馬[編集]
アグネスレディー(1979年優駿牝馬 1980年京都記念・春、朝日チャレンジカップ)
ハシハーミット(1979年毎日杯、菊花賞)
メジロラモーヌ(1986年報知杯4歳牝馬特別、桜花賞、サンケイスポーツ賞4歳牝馬特別、優駿牝馬、ローズステークス、エリザベス女王杯)
アラホウトク(1988年桜花賞、サンケイスポーツ賞4歳牝馬特別)
アグネスフローラ(1990年桜花賞)
ニシノフラワー(1992年桜花賞、スプリンターズステークス 1993年マイラーズカップ)
アグネスフライト(2000年京都新聞杯、東京優駿)
アグネスタキオン(2000年ラジオたんぱ杯3歳ステークス 2001年弥生賞、皐月賞)
引用元:河内洋 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E5%86%85%E6%B4%8B