夏季五輪野球監督 2004「星野仙一」2008「中畑清」 WBC監督 2006「王貞治」2009「原辰徳」2013「山本浩二」

031cfzOixF
次のうち、夏季五輪の野球で
日本代表の監督を務めた人物を
全て選びなさい
野村克也
星野仙一(答)
中畑清(答)

CIMG4261AiqZpNQINDdo
公募により決定した、ホッケーの
日本男子代表チームの愛称は
「○○○○ジャパン」?
○を答えなさい
さむらい(答)
「さむらいジャパン」

CIMG4198QTKiGXEQNDxB
次のうち、第1回ワールド・
ベースボール・クラシックの
日本代表として選出された
プロ野球選手を全て選びなさい
渡辺俊介(答)
杉内俊哉
田中将大
松坂大輔(答)
上原浩治(答)


次のうち、第2回ワールド・ベースボール・クラシックの日本代表として選出されたプロ野球選手を全て選びなさい
ダルビッシュ有(答)
杉内俊哉(答)
山口鉄也(答)
田中将大(答)
和田毅
岸孝之
斎藤隆

CIMG0635IoPsDxNKRdml
次のうち、2006年に開催された
第1回ワールド・ベースボール・
クラシックに参加した国を
1つ選びなさい
イタリア(答)
イギリス
ポルトガル
フランス
オランダ(答)
ドイツ

CIMG0467bNXLtKOSehNH
2009年の第2回ワールド
ベースボールクラシックで
日本代表の原辰徳監督が
つけた背番号は「◯◯」?
68
89
91
83(答)
「はらさんで83」


次の人物を、ワールド・ベースボール・クラシックの日本代表に就任した順に選びなさい
王貞治 背番号「89」
原辰徳 「83」
山本浩二 「88」

野球日本代表(やきゅうにっぽんだいひょう)は、国際野球連盟(IBAF)主催大会や、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)出場時に編成される、日本の野球代表チーム。
>2009年のワールド・ベースボール・クラシックでの日本代表の愛称は「SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)」であった。しかし2008年3月にホッケー日本代表が発表し商標登録していた愛称の「さむらいJAPAN」に酷似しており、日本ホッケー協会広報委員長の永井東一は「WBC日本代表より前に“さむらい”を名乗っていた。元祖は私たちなのでパクったのではない」「露出の差を考えれば、こちらがマネしたと思われる」と主張し、日本野球機構(NPB)など関係団体に抗議文を提出した。これに対し、NPB側は「商標類似」など、ルール上の問題はないとし「SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)」の取り下げをしなかったことで、日本ホッケー協会理事からは「オレたちの方が早かったのだから金を取れ」という意見も出た[1][2]。これについて、当時のNPBコミッショナーの加藤良三は「双方の代表が親しまれ、さらに活躍できるように協力、応援をお願いしたい」と配慮するコメントを残したが、WBCで日本代表の活躍を見た永井は「“侍ジャパン”の名前がこうして表に出ていることに関しては、複雑な思いもありますね」とも語った[3]。「サムライジャパン」は電通が商標登録している。
2012年の代表常設化後はチームの呼称として「侍ジャパン」が正式に使われることとなった。
xVCzHmJ
luwDwVP
引用元:野球日本代表 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E7%90%83%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8