「藤ノ川」 学生横綱服部祐兒(ゆうじ)が改名

080lQvtcrt
同志社大学で学生横綱となり
1983年に鳴り物入りで初土俵を
踏んだ服部祐兒が、1985年の
新入幕時に改名した名前は?
一ノ川
笠置海
藤光山
藤ノ川(答)

藤ノ川 祐兒(ふじのかわ ゆうじ、1960年8月20日 – )は、愛知県大府市出身で伊勢ノ海部屋所属の元大相撲力士。本名は服部祐兒。身長193cm、体重150kg。得意手は左四つ、寄り、小手投げ。最高位は東前頭3枚目(1986年7月場所)。体育学者、アマチュア相撲指導者で、現在は東海学園大学教授。祐兒の祐は正確には示へんに右。
>東海高校から同志社大学へ進学。高校時代は柔道でならし、2年次にはインターハイ個人戦重量級で優勝(3年次は同3位)。同志社大学時代には学生横綱のタイトル2回、アマチュア横綱のタイトル2回など主要なタイトルを計17回獲得し、アマチュア相撲最強と言われた。[1]元横綱旭富士とは大学の同期で、当時近畿大学を中途退学して先に関取になっていた旭富士より稽古場では強かった。
>1983年(昭和58年)3月場所、鳴り物入りで伊勢ノ海部屋より幕下付出で初土俵を踏む。同年9月場所で新十両、1985年(昭和60年)3月場所で新入幕を果たす(琴ヶ梅、花乃湖、寺尾と同時入幕)。左四つの型にはまれば上位力士相手でも力を発揮し、師匠(藤ノ川武雄)の四股名である「藤ノ川」に改名した。
引用元:藤ノ川祐兒 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E3%83%8E%E5%B7%9D%E7%A5%90%E5%85%92

 元プロの力士が、ある大学に請われてゼロから相撲部を作り上げ、監督となって全国ベスト8入りを果たす! そんな映画みたいな話が現実にありました。去年11月の全国学生相撲選手権団体戦で8強入りを果たした愛知の東海学園大学です。東海学園大相撲部は、今年創部4年目。監督は、元幕内藤ノ川の服部祐兒さんです。服部さんに、指導の面白さや難しさ、さらに現代若者気質を伺いました。
■相撲部なのに、土俵がない!?
 どうして東海学園大の監督になられたのですか?

 「教員として採用されたんです。筑波大学の大学院でコーチ学を専攻しておりまして。元々愛知県の東海高校出身で、そこが同じ学園内で大学を新設するという事で、10年前に話があって、東海高校時代の校長が東海学園大の学長という形で行かれまして、その先生が『力を貸してくれ』という事で。
 授業は体育の実技を中心に、バスケットボールをやったり、ゴルフを教えたりとか。非常にゴルフ下手なんですけどね、学生に判ってしまうと大変なんですけど(笑い)。
 で、大学の開校当時から『相撲部を作ってくれ』と言っていたんですけど、なかなかゴーサインが出なくて。
 ようやく7年経った時点で、『ちょっと考えてやろうか』という事だったので、とにかく人を集めてきちゃおうと。土俵も何も無い中で、3人とりあえず集めてきて。『とにかく来ちゃったんだから、作ってくれ』という事で、やっと土俵を造ってもらったと。先々に、とにかく動かしちゃったという事ですね
引用元:abc1008.com | ニュース探偵局 http://abc1008.com/news/onair/050204.html