「原拓也」「原信生」「原竜太」「原博実」

075wqbwrSP
◯拓也
◯信生
◯竜太
◯博実



原(答)

原 拓也(はら たくや、1984年5月18日 – )は、オリックス・バファローズに所属するプロ野球選手(内野手)。
>2013年は、開幕当初は出番に恵まれなかったが、6月に昇格すると正二塁手であった後藤光尊の不振や平野恵一の離脱もあり、一軍に定着するとプロ入り初のファーストも守るなど内野を全て守れるユーティリティとして存在感を見せ、最終的に67試合に出場し、打率.253の成績を残した。
2014年は、守備固め中心ながら内野手全てのポジションでスタメンを経験し、自己最高の120試合に出場した。7月21日に4年ぶりのホームランを打った。
引用元:原拓也 (野球) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E6%8B%93%E4%B9%9F_(%E9%87%8E%E7%90%83)

原 信生(はら のぶき、1979年9月6日 – )は鹿児島県薩摩川内市出身の元プロサッカー選手。現在はセレッソ大阪のスクールコーチ。れいめい高校卒。ポジションはミッドフィールダー。
>両足からの正確なキックを得意し、主にボランチや左右のサイドを任される。横浜F・マリノスとヴィッセル神戸時代は左サイドバック、サテライトではリベロでもプレイした。
引用元:原信生 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E4%BF%A1%E7%94%9F

原 竜太(はら りゅうた、1981年4月19日 – )は、東京都目黒区出身の元サッカー選手。ポジションはFW。
>市立船橋高校3年次の1999年に高校選手権優勝の経験を持つ。
2000年に名古屋グランパスエイトに入団し、2004年以降は京都パープルサンガ、モンテディオ山形とJ2のクラブを渡り歩く。2006年オフに山形から放出されたものの、2007年シーズンに移籍した湘南ではレギュラーの位置をつかんだ。2010年1月15日、自身のブログで引退を表明した。
引用元:原竜太 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E7%AB%9C%E5%A4%AA

原 博実(はら ひろみ、1958年10月19日 – )は、日本の元サッカー選手、サッカー指導者、サッカー解説者。栃木県那須塩原市(旧・黒磯市)出身[4]。公益社団法人日本プロサッカーリーグ副理事長、日本サッカー協会常務理事。
横浜スポーツ&カルチャークラブでスタジアムDJを務める原大悟は実子[5]。
引用元:原博実 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%8D%9A%E5%AE%9F