すぎたひな「杉田妃和」INAC神戸レオネッサ所属のMF U-17でMVP

488CgvRJpp
1086OTSZEbuCkI
2014年のU-17女子サッカー
W杯で大会MVPを受賞
杉田妃和
すぎたひな(答)

杉田 妃和(すぎた ひな、1997年1月31日 – )は、福岡県北九州市出身の女子サッカー選手。INAC神戸レオネッサ所属。藤枝順心高等学校出身。ポジションはミッドフィールダー。
>同年、2014 FIFA U-17女子ワールドカップコスタリカ大会にU-17サッカー日本女子代表主将として出場、グループリーグ第3戦を除いた全ての試合に先発フル出場し、グループリーグ第2戦のパラグアイ戦でハットトリックを記録、準々決勝のメキシコ戦、準決勝のベネズエラ戦でそれぞれ1点ずつを挙げて大会得点ランキング3位と活躍、チームも決勝でスペインに2-0と勝利してU-17女子ワールドカップチャンピオンとなった[7]。杉田はコスタリカ大会ゴールデンボール(最優秀選手)に選ばれた[8]。
2015年、INAC神戸レオネッサに入団[9]。4月12日、なでしこリーグ第3節のスペランツァFC大阪高槻戦で、後半32分に伊藤香菜子との交代で途中出場し、公式戦初出場を果たした[10]。10月24日、なでしこリーグ・エキサイティングシリーズ第3節ベガルタ仙台レディース戦で、公式戦初先発を果たした[11]。
引用元:杉田妃和 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%89%E7%94%B0%E5%A6%83%E5%92%8C