「マグノアウベス」ガンバ大阪 「サンパイオ」柏レイソル 「オリバ」清水エスパルス

033ZfHrtli
次のサッカー選手を
所属したクラブごとに
グループ分けしなさい

柏レイソルガンバ大阪清水エスパルス
マグノ アウベス
サンパイオ
オリバ

マグノ・アウヴェス・ジ・アラウージョ(Magno Alves de Araújo, 1976年1月13日-)は、ブラジル出身で元同国代表のプロサッカー選手。ポジションはフォワード。
>2004年、大分トリニータへ移籍し、11得点を記録。2年目の2005年は18得点を記録し、チームの中心として貢献した。
2006年、2年間所属した大分の財政難もあり、ガンバ大阪に完全移籍。AFCチャンピオンズリーグにおいて、チームはGL敗退となったが、8得点を記録し得点王。Jリーグにおいても、26得点を挙げ得点王に輝いた。入れ替わりに移籍し、前年の得点王だったアラウージョとプレースタイルは違うものの、ストライカーとして活躍した。
引用元:マグノ・アウベス・ジ・アラウージョ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A7

カルロス・セーザル・サンパイオ・カンポス(Carlos Cézar Sampaio Campos、1968年3月31日 – )は、ブラジル・サンパウロ出身の元サッカー選手[1]。ポジションはMF。
なお、一般には「セザール・サンパイオ (Cézar Sampaio)」として知られているため表題もそれに倣うが、本人のインタビューによると「セーザル・サンパイオ」というのが本来の読み方に近く、日本でも一時は「セーザル」と表記していた。
>1995年、パルメイラス時代の同僚であるジーニョとエバイールとの3人で横浜フリューゲルスに移籍する[4]。横浜Fが3人を獲得するのに1,000万ドル以上を費やしたと言われている[3]。当初は日本特有のゾーンプレスに馴染めなかったが、ブラジル人のアントニオ・カルロス・シルバやオタシリオに監督が代わると本領発揮、堅実な守備に加えて攻撃力も備えるMFとして日本代表の山口素弘と中盤の底を担った[5]。
引用元:セザール・サンパイオ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%AA

フェルナンド・ニコラス・オリバ(Fernando Nicolas Oliva、1971年9月26日-)はアルゼンチン出身のサッカー選手。ポジションはFW、MF。元アルゼンチンB代表
>セントラル・コルドバから1996年に清水エスパルスに入団。同じアルゼンチン人である当時のオズワルド・アルディレス監督は、オリバを即座にチームの主軸に据え、その年のヤマザキナビスコカップ優勝に貢献。同年の決勝は3-3の壮絶な激戦の中(2点目を入れたのはオリバ)、PK戦にまでもつれ込むが、優勝を決定付けた5人目のキッカーはオリバである。来日時は中盤ならどこでもこなせるオールラウンドプレーヤーとのふれこみだったが、日本ではFW、攻撃的MFとしてプレーした。高い技術とアイデア溢れる独創的なプレー、さらには体躯を活かしたパワフルなプレーをも併せ持ち、清水の得点源として活躍。98年には驚異の21得点を記録した。清水史上最高の外国人選手という声もある。[1]
引用元:フェルナンド・ニコラス・オリバ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%90