「浅越しのぶ」園田学園高等出身の元テニス選手 2004全米オープンベスト8 「宮城淳」加茂公成と共に1930全米ダブルス優勝 ゼネラル物産

137cDedAqp
園田学園高等学校
シングルスの最高ランクは21位
2004年の全米オープンでベスト8
2006年10月に現役引退
伊達公子
宮城ナナ
神尾米
浅越しのぶ(答)

CIMG9794MWtJLhiyiNYC
全米選手権男子ダブルス優勝
ゼネラル物産に勤務
早稲田大学出身
姉の黎子(れいこ)もテニス選手
宮城淳(答)みやぎあつし
福田雅之助 ふくだまさのすけ
佐藤次郎 さとうじろう
加茂公成 かもこうせい


ダブルスの名手
雉子牟田直子とのペアで活躍  
1993年全米OPダブルスベスト4
父親はアメリカ人
宮城ナナ

連想
「ライジング・ショット」の名手
夫はレーサーのミハエル・クルム
世界ランク最高4位
園田学園高校ではテニス3冠
伊達公子(答)

連想
全米オープン混合ダブルスで優勝
2000年全米オープンダブルス優勝
2003年全仏オープンダブルス優勝
2003年全英オープンダブルス優勝
杉山愛(答)

連想
五輪には2回出場
1995年全豪オープンでベスト8
シングルス最高ランクは世界14位
叔母の和子も元テニス選手
沢松奈生子(答)

連想
1971年にベイルートで生まれる
ダブルスの名手として活躍
青山学院大学出身のテニス選手
1997年全仏OP混合ダブルス優勝
平木理化(答)

連想
早稲田大学出
全米選手権男子ダブルス優勝
戦後すぐから1950年代まで活躍
兄の礼仁もテニス選
加茂公成(答)

連想
日本にイースタングリップを紹介
日本テニス界黎明期の選手
「庭球訓」で有名
全日本選手権シングルス初代王者
福田雅之助(答)

連想
戦前のテニス選手
世界ランク最高3位
ウィンブルドン・ダブルス準優勝
マラッカ海峡で投身自殺
佐藤次郎(答)

CIMG8879jWYRRdgYikHd
テニスの全仏オープンが行われる
会場は◯◯◯◯◯◯◯◯?
◯を答えなさい
ローランギャロス(答)

浅越 しのぶ(あさごえ しのぶ、1976年6月28日 – )は、兵庫県赤穂郡上郡町出身の元女子プロテニス選手。現姓名、高島しのぶ[1]。園田学園高等学校卒業。自己最高ランキングはシングルス21位、ダブルス13位。身長170cm、体重58kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。WTAツアーでシングルスの優勝はないが(準優勝3度)、ダブルスで8勝を挙げた。現役時代の浅越は、女子テニスツアーの仲間たちから Shii-chan (シーちゃん)という愛称で呼ばれた。
日本人女子として伊達公子以来10年ぶりの全米オープンシングルスベスト8進出。また現在日本人女子最後のグランドスラムシングルスベスト8進出者・全米オープンシングルスベスト8進出者である。
>2005年夏にシングルス自己最高ランキング「21位」を記録し、初めて杉山愛を抜いて日本女子のトップに立った。
ダブルスでは、2005年からスロベニアのカタリナ・スレボトニクとペアを組んで好成績を出した。2006年の全豪オープン女子ダブルスで、浅越とスレボトニクの組は初めてベスト4進出を果たしたが、準決勝で中国のペアの晏紫&鄭潔組に 2-6, 6-7 で敗れた。最後の4大大会出場となった2006年全米オープンでは、シングルス1回戦・ダブルス3回戦敗退に終わった。最後の大会では、ダブルスは同じ日本の森上亜希子とペアを組んだが、第1シードのリサ・レイモンド(アメリカ)&サマンサ・ストーサー(オーストラリア)組に 3-6, 4-6 で敗れた。
2006年10月6日、30歳で現役引退を発表。2007年4月に会社員の男性と結婚し、2011年3月に長女を出産した。現在はテレビ解説や後進の指導に携わっている。
引用元:浅越しのぶ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%85%E8%B6%8A%E3%81%97%E3%81%AE%E3%81%B6

クルム伊達公子(クルムだて きみこ、Kimiko Date-Krumm、1970年9月28日 – )は、日本の女子プロテニス選手。京都府京都市上京区出身。WTAランキング自己最高位はシングルス4位(現行システムでの日本人最高位タイ)、ダブルス28位。WTAツアー通算でシングルス8勝(日本人歴代2位記録)、ダブルス6勝を挙げている。
アジア出身の女子テニス選手として、史上初めてシングルス世界ランクトップ10入り、日本人21年ぶりのグランドスラムシングルスベスト4、日本人女子初の全仏オープンシングルスベスト4・ウィンブルドンシングルスベスト4進出者。現在日本人女子最後の4大大会シングルスベスト4進出者である。
4大大会で女子シングルス準決勝に3回・ベスト8入り6回は共に日本女子選手歴代最多記録。すべての4大大会でベスト8入りした最初の日本人女性でもある。
引用元:クルム伊達公子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%A0%E4%BC%8A%E9%81%94%E5%85%AC%E5%AD%90

宮城 ナナ(みやぎ なな, 1971年4月10日 – )は、日本の女子プロテニス選手。アメリカ・ワシントン州シアトルに生まれる。父親はカナダ系アメリカ人で、沖縄の軍事基地に勤務している。長年にわたり、ダブルスの名手として活躍してきた。WTAツアーでシングルスの優勝はないが、ダブルスで10勝を挙げる。自己最高ランキングはシングルス51位、ダブルス12位。フォアハンド・ストローク、バックハンド・ストロークとも両手打ち。チームスカンジナビア所属。結婚後は選手登録名を「ナナ・スミス」(Nana Smith)と変更した。
>宮城ナナは父親の仕事の関係で、13歳の時に沖縄へ引っ越した。1988年3月にプロ入りし、すぐにダブルスの名手として才能を発揮し始める。1990年から4大大会の女子ダブルスに挑戦を開始。同年8月末にアメリカ・ニューヨークで開かれた「OTBオープン」で、ツアー大会の女子ダブルスに初優勝を飾る。それ以来、いろいろなパートナーとペアを組んで、息の長い活躍を続けてきた。ダブルスに強いことから、長年にわたり女子テニス国別対抗戦・フェドカップの日本代表選手として不可欠な戦力でもあり、1989年から2000年までその位置にあった。
引用元:宮城ナナ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%9F%8E%E3%83%8A%E3%83%8A

神尾 米(かみお よね、1971年11月22日 – )は、神奈川県横浜市出身の元女子プロテニス選手。東海大学付属相模高等学校卒業。
>伊達公子の刺激で日本女子テニス界が最盛期にあった頃に活躍した選手のひとりである。シングルス自己最高ランキングは24位(1995年10月16日付)。これは当時の日本女子では3位にあたり、1番手の伊達、2番手の沢松奈生子に続く好位置につけていた。現役時代はブリヂストンスポーツに所属した。3人兄妹の末っ子であり、2009年11月からは長兄の神尾元治が代表取締役を務めるインディーズ・レーベルの音楽会社である有限会社タフビーツにマネージメントを委託している。また次兄の神尾光輝はサーフィンフォトグラファーとして活動している。
引用元:神尾米 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E5%B0%BE%E7%B1%B3

宮城 淳(みやぎ あつし, 1931年10月19日 – )は、東京都大田区出身の男子テニス選手。早稲田大学卒業。身長172cm、体重61kg。早大卒業後はゼネラル物産に勤務。
1955年の全米選手権男子ダブルスで加茂公成とペアを組んで優勝し、日本人のテニス選手として唯一の4大大会男子ダブルス優勝者になった名選手である。
姉の宮城黎子もテニス選手。
引用元:宮城淳 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%9F%8E%E6%B7%B3

加茂 公成(かも こうせい, 1932年5月10日 – )は、東京都目黒区出身の男子テニス選手。早稲田大学卒業。三井物産勤務。身長171cm、体重70kg。
1955年の全米選手権男子ダブルスで宮城淳とペアを組んで優勝し、日本人のテニス選手として唯一の4大大会男子ダブルス優勝者になった名選手である。
引用元:加茂公成 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%8C%82%E5%85%AC%E6%88%90

福田 雅之助(ふくだ まさのすけ, 1897年5月4日 – 1974年12月21日)は、東京府豊多摩郡戸塚村(現在の東京都新宿区西早稲田)出身の男子テニス選手である。全日本テニス選手権の第1回大会男子シングルス優勝者。
引用元:福田雅之助 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E7%94%B0%E9%9B%85%E4%B9%8B%E5%8A%A9

佐藤 次郎(さとう じろう, 1908年(明治41年)1月5日 – 1934年(昭和9年)4月5日)は、日本の男子テニス選手。1930年代前半にグランドスラムシングルスベスト4、ウィンブルドン選手権ダブルス準優勝、全豪オープン混合ダブルス準優勝など国際的に活躍したが、現役中に26歳で自ら命を断った。
グランドスラムシングルス ベスト4進出5回は現在も日本人歴代最多記録。現在日本人男子シングルス最後の全豪・全仏・全英ベスト4進出者である。
引用元:佐藤次郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E6%AC%A1%E9%83%8E

井上 早苗(いのうえ さなえ, 旧姓 岡田 早苗 おかだ さなえ, 1913年(大正2年)5月31日 – 2011年(平成23年)7月1日)は、日本の女子テニス選手。
>1933年11月の全日本テニス選手権で、佐藤は岡田の試合でボールボーイ(球拾い)を務め、それを契機に岡田への好意を深めて、1934年2月9日に東京・銀座4丁目の喫茶店「富士アイス」で岡田との婚約を発表した。ところが、2ヶ月後の4月5日、佐藤はデビスカップの遠征中にマラッカ海峡で投身自殺してしまった。佐藤が書き残した遺書には、岡田早苗に宛てたものもあった。岡田は4月6日、勤務先のテニスファン社で婚約者の悲報に接する。佐藤の投身自殺を報じた新聞報道の中には「岡田嬢悲嘆」に関する記事も掲載された。
佐藤の投身自殺から2年後、岡田は1936年10月に読売新聞社主催の「日米国際庭球戦」に参加した。アメリカから3人のプロテニス選手が来日し、ビル・チルデン、エルスワース・バインズに加えて、女子プロ選手のジェーン・シャープが来日した。シャープの対戦相手として岡田が選ばれたが、当時のテニス界では、プロ選手と対戦したら必然的にプロとみなされ、アマチュア選手によるトーナメントへの出場資格を失うことになった。そのため、シャープとの対戦を引き受けた岡田は「日本最初の女子プロテニス選手」と呼ばれるようになる。
引用元:井上早苗 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E4%B8%8A%E6%97%A9%E8%8B%97