「摂津颯登」せっつはやと モンテディオ山形所属のGK

019LiLVrwn
2015年にモンテディオ山形に
入団したイケメンの長身GK
摂津颯登
せっつはやと(答)

摂津 颯登(せっつ はやと、1996年10月5日 – )は、秋田県湯沢市出身[1]のサッカー選手。Jリーグ・モンテディオ山形所属。プロ野球選手の攝津正とは遠縁に当たる[1]。
>小学1年生の時に本格的にサッカーを始め、小学校高学年からゴールキーパーへ転向[1]。中学3年時にモンテディオ山形ユースからスカウトされ[1]、山形ユースに加入。2014年6月、トップチームの清水健太の負傷に伴い[1]2種登録選手としてトップ登録される[2]。同年の天皇杯山形県予選では好セーブでチームの初優勝に貢献し[1]、本大会1回戦のヴァンラーレ八戸戦にも出場した。10月15日、来季のトップチーム昇格内定が発表された[3]。ユースから通算5人目のトップ昇格となり、GKとしては初めてとなった[1]。
引用元:摂津颯登 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%91%82%E6%B4%A5%E9%A2%AF%E7%99%BB