「ジュ・ド・ポーム」テニスの原型となったスポーツ 「ジュ・ド・ポーム美術館」パリにある美術館

025GTBRZYw
次の文字列を順に選んで
テニスや卓球の元となった
スポーツの名前にしなさい
ジュ

ポー

「ジュ・ド・ポーム」
jeu de paume

ジュ・ド・ポーム(フランス語: jeu de paume, 英語: real tennis)は、中世ヨーロッパで成立したラケット状の道具を用いてボールを打ち合う球技で、テニス(ローンテニス)の先駆となったスポーツである。16世紀から17世紀にかけてのフランスおよびイギリスの絶対王政時代に全盛期を迎え、王侯貴族や市民に広く親しまれた。19世紀以降、英語圏では一般にリアルテニスの名で呼ばれている。1908年のロンドンオリンピックの公式競技の1つで、今日ではイギリスをはじめ、フランス、オーストラリア、アメリカに競技人口がいる。
>ジュ・ド・ポームとは、フランス語で「手のひら(paume)の遊び、ゲーム」を意味する。その名が示すように、古くは素手で直接ボールをたたいて競技した。その後、ラケットを使うようになって以降も、フランス語では競技を指す場合、変わらずポームの語が用いられた[注 1]。
さらにフランスでは壁で囲まれた屋内のコートで行うものをクルト・ポーム(courte paume「短いポーム」)、壁による仕切りのない屋外で競技するものをロング・ポーム(longue paume「長いポーム」)と区別する。
英語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります。
平和礼賛
イギリスに伝わると、この競技はテニスと呼ばれるようになった。オックスフォード英語大辞典は、現存する英語文献においてテニスの語が用いられた最初期の例として、イングランドの詩人ジョン・ガワーが1400年頃に著した『平和礼賛』の一節を挙げている[3]。
引用元:ジュ・ド・ポーム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%A0

ジュ・ド・ポーム国立美術館(フランス語: Galerie nationale du Jeu de Paume)は、フランス、パリのコンコルド広場のほど近くにある美術館。ジュ・ド・ポーム国立ギャラリー、ジュ・ド・ポーム美術館とも呼ばれる。
>建物はナポレオン3世期にチュイルリー公園の一角に建造された。ジュ・ド・ポームの名は、建物内部にかつてローンテニスの前身であるジュ・ド・ポームのコートが作られていたことに由来する。
引用元:ジュ・ド・ポーム国立美術館 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8