二輪ライダー「上田昇」「宇井陽一」「玉田誠」

183EmIkspN
次の文字列を組み合わせて
二輪ライダーの名前にしなさい
上田───昇
宇井───陽一
玉田───誠

193uNBONRI
1980年代に資生堂の男性用化粧品
TECH21のイメージキャラクターと
なった二輪ライダーは◯忠彦?
◯の苗字をひらがなで答えなさい
たいら(答)
「平忠彦」
引用元:「平忠彦」元二輪レーサー 資生堂男性化粧品「TECH21」イメージキャラクター | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/16606/

上田 昇 ( うえだ のぼる、1967年7月23日 – ) は、愛知県赤羽根町(現田原市)出身のオートバイレーサー。愛称は「ノビー (Nobby)」。ロードレース世界選手権125ccクラスで長年活躍した。
>1991年、上田は鈴鹿で開催されたロードレース世界選手権開幕戦日本GPにワイルドカード枠で出場すると、いきなりポール・トゥ・ウィンを果たす鮮烈なデビューを遂げた。そのままフル参戦を開始することとなり、第4戦スペインGPで2勝目を挙げるなどの活躍を見せ、ルーキー勢最上位となるシリーズランキング5位を記録した。
1992年には元世界チャンピオンのパオロ・ピレリ率いるチーム・ピレリに移籍、1994年にはGiviレーシングに移籍しアプリリアを駆る坂田和人らとタイトル争いを展開し、年間3勝でシリーズランキング2位を記録した。1997年にはクラス2年目のバレンティーノ・ロッシに次ぐ、自身2度目のシリーズ2位となった。
>そして最終戦の後、35歳の上田は現役引退を発表し、12年のグランプリ生活に終止符を打った[5]。通算160戦出場・1412ポイント獲得は、共に125ccクラス史上最多記録である[1]。
引用元:上田昇 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E7%94%B0%E6%98%87

宇井 陽一(うい よういち、1972年11月27日 – )は、モーターサイクル・ロードレーサー。
>世界選手権戦績:優勝11回、2位6回、3位6回、ポールポジション17回、ファステストLAP9回(2008年現在)
125ccは勿論のこと、MotoGP(2004日本GP)、250cc(2007日本GP)の全クラスでポイントを獲得した唯一の日本人である。
ゼッケンナンバーは名前にちなんだ41。
引用元:宇井陽一 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E4%BA%95%E9%99%BD%E4%B8%80

玉田 誠(たまだ まこと、1976年11月4日 – )は、愛媛県松山市出身のオートバイ・ロードレースライダー。
愛称は「たまやん」または「玉やん」。2輪レース世界最高峰のMotoGPで日本人2人目の優勝経験者。
>2004年、チーム体制はそのままながらキャメル・ホンダから参戦。イタリアGPではバレンティーノ・ロッシ、ジベルナウ、マックス・ビアッジとの4人で激しいトップ争いを展開。タイヤトラブルからリタイアしたが、強烈な印象を放った。リオGPで日本人として二人目となるMotoGP初優勝。病状が悪化していた母親は初優勝を見とどけた3日後に息を引き取った。決勝日の7月4日は親友の故加藤大治郎の誕生日でもあった。ポルトガルGPでは自身初のポールポジションを獲得。決勝では王者ロッシに破れるも2位に入る。日本GPではロッシを下してポールtoウィン。最終戦バレンシアGPでもポールポジションを獲得するなど、世界のトップライダーの仲間入りを果たし、ランキングでも6位に入る活躍を見せた。
引用元:玉田誠 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%89%E7%94%B0%E8%AA%A0