「宇賀神友弥」浦和レッズユース出身のMF 流通経済大学からプロ入り

103PkNksuJ
浦和レッズユース出身
ポジションはMF、DF
2010年から浦和レッズでプレー
流通経済大学からプロ入り
山田暢久
永田充
宇賀神友弥(答)
那須大亮

宇賀神 友弥(うがじん ともや、1988年(昭和63年)3月23日 – )は、埼玉県戸田市出身のサッカー選手。ポジションは左サイドハーフ、左サイドバック。Jリーグ・浦和レッドダイヤモンズ所属。
>2009年シーズン途中に流通経済大学に在籍しながら、特別指定選手として浦和にトップチーム登録された[1]。
その後、アビスパ福岡からのオファーもあったが、2009年10月21日、2010年シーズンより正式に浦和に加入する事が発表された[2]。ユース→大学→トップチームという経歴の選手は、浦和では宇賀神が初となる。
引用元:宇賀神友弥 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E8%B3%80%E7%A5%9E%E5%8F%8B%E5%BC%A5

山田 暢久(やまだ のぶひさ、1975年9月10日 – )は、静岡県藤枝市出身の元サッカー選手。ポジションはディフェンダー、ミッドフィールダー。1994年の入団以来、浦和レッズ一筋でプレーしたバンディエラである。弟の山田智紀は元プロサッカー選手。
>1994年に藤枝東高校から浦和レッドダイヤモンズに入団。デビュー当時はフォワードで福田正博と2トップを組むこともあったが、1995年以降は主に右サイドバックや右ウイングバックとしてプレーしている。その他にもトップ下、ボランチ、センターバックなど、ゴールキーパーを除くあらゆるポジションで起用される。
>2013年シーズン限りで契約満了[1]に伴い、現役を引退した[2]。バンディエラ歴21年間は“ミスター・レッズ”福田を超えチーム最長。2014年末、Jリーグ功労選手賞を受賞[3]。
引退後は浦和のクラブスタッフとなり、2015年現在、ユースチームのサポートコーチを務める。[4]
引用元:山田暢久 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%94%B0%E6%9A%A2%E4%B9%85

永田 充(ながた みつる、1983年4月6日 – )は静岡市清水区出身のプロサッカー選手。J1・浦和レッドダイヤモンズに所属。ポジションはディフェンダー。
>静岡学園高等学校
プロ経歴
2002年 – 2005年 柏レイソル
2006年 – 2010年 アルビレックス新潟
2011年 – 浦和レッドダイヤモンズ
引用元:永田充 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E7%94%B0%E5%85%85

那須 大亮(なす だいすけ、1981年10月10日 – )は、鹿児島県南さつま市出身のサッカー選手。Jリーグディヴィジョン1(J1)の浦和レッドダイヤモンズに所属。ポジションはDF(CB、SB)、MF(DH)。
>2004年初頭、アテネオリンピックを目指すU-23日本代表に招集。積極的にチームを引っ張り、新たに招集された田中マルクス闘莉王のお目付け役ともなった。3月に行われた、アテネオリンピック予選では、第4節のバーレーン戦で途中交代した鈴木啓太の代わりにキャプテンマークを巻き、第5節のレバノン戦では出場停止だったものの、最終節のUAE戦では先制点を挙げ、チームの予選突破に貢献。本大会直前には、山本昌邦監督からキャプテンに指名された。
>2013年1月5日、浦和レッドダイヤモンズに完全移籍[3]。 開幕直後はACLでは先発出場、J1ではゲーム終盤で守備固めとしてボランチでの出場が続いていたが、3月30日アルビレックス新潟戦で怪我の永田充に代わって途中出場して以降、センターバックのレギュラーに定着。ACL予選第6節ムアントン・ユナイテッド戦からJ1第12節サガン鳥栖戦まで、自身初の公式戦4試合連続得点を記録した。
最終的にリーグ32試合でチーム3位の9ゴールと、それまで自己最多であった3ゴールを大きく更新する活躍を見せ、自身初となるJリーグベストイレブンに選出された。
引用元:那須大亮 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%82%A3%E9%A0%88%E5%A4%A7%E4%BA%AE