武田一浩「日本ハム」「ダイエー」「中日」「巨人」

088mTuSZmZ
次のプロ野球チームを
武田一浩が所属した順に
選びなさい
日本ハム
ダイエー
中日ドラゴンズ
巨人

武田 一浩(たけだ かずひろ、1965年6月22日 – )は、東京都世田谷区出身の元プロ野球選手(投手)。現在はNHKの野球解説者。
>明治大学
日本ハムファイターズ (1988 – 1995)
福岡ダイエーホークス (1996 – 1998)
中日ドラゴンズ (1999 – 2001)
読売ジャイアンツ (2002)
>その後は明治大学へ進学。東京六大学リーグ通算56試合登板、20勝8敗、防御率2.40、208奪三振。3年生秋のリーグでは7勝無敗の活躍でベストナインに選ばれた。日本ハムファイターズ、南海ホークス(後のダイエー→ソフトバンク)、中日ドラゴンズ、読売ジャイアンツ(巨人)の4球団(いずれも武田が後に在籍することとなる)からプロ入りの誘いを受け[1]、1987年のドラフト1位で日本ハムに入団(阪急ブレーブスに入団した伊藤敦規の外れ)。
>2001年オフに星野の辞任とともに自身の不振もありチームから戦力外通告を受ける。この年一度は引退を決断するが、同時に中日を去った星野から「おまえなら、やれるだろう。まだ二ケタ勝てるだろう」という言葉を受け現役続行を決意[3]、同年オフに読売ジャイアンツが獲得を表明し移籍。2002年5月7日に一軍登録されて対中日戦(ナゴヤドーム)で即先発し、6回4安打2失点で勝利投手となり[3]、史上3人目の全球団勝利を達成[4][5]。
引用元:武田一浩 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E7%94%B0%E4%B8%80%E6%B5%A9