ルーカス・ディ・グラッシ「ブラジルのF1ドライバー」「2010までヴァージン」 ニコ・ヒュルケンベルグ「フォース・インディアのリザーブ」「2010ウィリアムズ」

058ictMRFQ
2010年にエフワンデビュー
2009年までGP2に参戦
ブラジル人
2010年はヴァージンに所属
ブルーノ・セナ
ニコ・ヒュルケンベルグ
ルーカス・ディ・グラッシ(答)
カルン・チャンドック


2010年にエフワンデビュ-
2009年までGP2に参戦
2010年はHRTに所属
エフワン史上2人目のインド人
カルン・チャンドック(答)

連想
2010年にエフワンデビュー
2009年はGP2で総合優勝
フォースインディアのリザーブ
2010年はウィリアムズに所属
ニコ・ヒュルケンベルグ(答)

ルーカス・ツッチ・ディ・グラッシ(Lucas Tucci di Grassi , 1984年8月11日 – )ブラジル・サンパウロ出身のF1ドライバー。 身長179cm、体重74kg。
>F1での経歴
活動時期 2010
過去の所属チーム ’10 ヴァージン
GP2
2006年からGP2に参戦。2006年はデュランゴチームより参戦。初年度はランキング16位で終える。2007年はARTグランプリから参戦。この年急成長しランキング2位に入る。2008年は第4戦からバルワインターナショナル・カンポスチームから参戦し、初め3戦を欠場していたのにもかかわらずランキング3位となる。この年ついにルノーF1チームのサードドライバーになる。2009年は、レーシング・エンジニアリングから参戦しランキング3位となる。
>2009年12月15日、ヴァージン・レーシングと契約したことを発表。2010年のF1世界選手権に参戦することになった。開幕2戦はマシントラブルでリタイアに終わった。第3戦マレーシアGPでは、マシンの燃料タンクの設計にミスがあったために終盤ペースを落としての走行ではあったが自身初となる完走(14位)を果たした。第9戦ヨーロッパGPでは予選で初めてチームメイトのティモ・グロックより前のグリッドを獲得すると、決勝でもグロックより前の17位でフィニッシュした。第16戦日本GPでは久しぶりに予選でグロックの前につけたものの、決勝スタート前のレコンサンスラップ中にクラッシュしスタートできずに終わった。
引用元:ルーカス・ディ・グラッシ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7

ブルーノ・セナ・ラッリ(Bruno Senna Lalli, 1983年10月15日 – )はブラジル・サンパウロ市出身のF1ドライバーである。
3度のF1ワールドチャンピオンに輝いた、アイルトン・セナの姉であるビビアーニ・セナの長男であり、アイルトンの甥にあたる。
F1での経歴
活動時期 2010-2012
過去の所属チーム ’10 HRT
’11 ロータス・ルノー
’12 ウィリアムズ
引用元:ブルーノ・セナ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%8A

ニコラス・”ニコ”・ヒュルケンベルグ(Nicolas “Nico” Hülkenberg, 1987年8月19日 – )は、西ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州クレーヴェ郡エメリッヒ・アム・ライン出身のF1ドライバー。ニコ・ヒュルケンバーグとも表記されることもある。ニックネームはハルク[1]。フジテレビF1中継でのニックネームは「皇帝チルドレン」。身長184cm[2]。
>F1での経歴
車番 27
所属チーム フォース・インディア ’14-
活動時期 2010,2012-
過去の所属チーム ’10 ウィリアムズ
’12 フォース・インディア
’13 ザウバー
引用元:ニコ・ヒュルケンベルグ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%B0

カルン・チャンドック(英語:Karun Chandhok ヒンディー語:करून चंढोक タミル語:கருண் சந்தோக் 1984年1月19日 – )は、インド国籍のレーシングドライバー。GP2シリーズでは、オーシャン・レーシングテクノロジーチームから参戦した。インド人史上2人目のF1ドライバー。「カルーン・チャンドック」、「カルーン・チャンドホック」等とも呼ばれる。フジテレビF1中継でのニックネームは「走るマハラジャ」。
>F1での経歴
活動時期 2010-2011
過去の所属チーム ’10 HRT
’11 チーム・ロータス
引用元:カルン・チャンドック – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF