「8人制」全日本少年サッカー大会 「2-3-2」システムを推奨、個人のボールタッチ数を増やし「個を育成」するため

099FFGvbyZ
全日本少年サッカー大会は
2011年より「◯人制」で
行われている?
数字で答えなさい
8(答)

全日本少年サッカー大会(ぜんにほんしょうねんサッカーたいかい)は、全国少年少女草サッカー大会と並んで、日本サッカー協会第4種(小学生年代で主にクラブチーム)チームを対象としたサッカー大会である。日本サッカー協会と読売新聞社、日本体育協会(日本スポーツ少年団)が共催。
>なお2010年大会までは11人制で行われていたが、2011年大会より8人制に変更された。さらに2015年度大会からは冬季開催に変更される予定であり、夏の大会は2014年度が最後となる。2015年度から17年度までの決勝大会は鹿児島県鹿児島市の鹿児島県立鴨池陸上競技場をメイン会場で開催される。
引用元:全日本少年サッカー大会 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%B0%91%E5%B9%B4%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E5%A4%A7%E4%BC%9A

かねてから少人数制サッカーを推進してきた日本サッカー協会が、今夏の全日本少年サッカー大会(以下、全少)で8人制を導入した。全少に出場することは、この年代の選手や指導者にとってひとつの目標であり、本誌でも8人制導入による影響の大きさや、各方面の慌ただしい対応を繰り返し伝えてきた。
>少人数制サッカーは、「個を育成する」ことに主眼を置いたものだ。個人のボールタッチ数を増やす、ゴール前の攻防を増やす、果敢なチャレンジ精神を促すなどを大きな目的にしている。
>日本サッカー協会が全少で「8人制」を採用した理由のひとつとして、(1)2-3-2のシステムを推奨しながら、「ディフェンスラインで人数を余らせず、マンツーマンで対応できる個の能力を養うため」であった(大事な視点は、システムの形ではなく、人数を余らせないという部分である)。

>こういったメッセージを日本サッカー協会が発信していくことで、4種年代の指導者とともに先ほど述べた少人数制サッカーのメリットを共有しながら「個」を育成し、将来的に日本サッカー界の強化・発展を目指しているのである。
引用元:8人制サッカー導入から見る、 日本のジュニアサッカー界の未来 : ジュニアサッカーを応援しよう! http://jr-soccer.jp/2013/05/08/post6577/