「ジルマール」ブラジル代表もつとめた元セレッソ大阪GK 「シジマール」元清水エスパルスGK J1無失点記録 「クモ男」

090VQKFreh
1994年アメリカW杯では代表
メンバーとして優勝を経験した
1995年から3年間セレッソ大阪
に在籍したブラジル人GKは?
ーハニノマ
ルカシジェ
ジルマール(答)

ジルマール・ルイス・リナルディ(Gilmar Luís Rinaldi、1959年1月13日 – )はブラジル・リオグランデドスル州出身のサッカー選手。ポジションはGK。
引退後は代理人に転身。無名時代のアドリアーノを発掘したことでも知られる。
引用元:ジルマール・ルイス・リナルジ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%B8

シジマール・アントニオ・マルチンス(Sidmar Antônio Martins, 1962年6月13日 – )は、ブラジル出身のサッカー選手・サッカー指導者。ポジションはゴールキーパー。
1993年に日本に渡り、Jリーグを代表するGKとして活躍した。現役引退後はサッカー指導者として活動している。
引用元:シジマール・アントニオ・マルチンス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%B8%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%B9

次節に向けて浦和が狙うのは、当然Jリーグ新記録である8試合連続無失点記録であるが、ゴールマウスを守る西川周作個人の連続無失点時間記録にも注目が集まっている。現在、西川周作の連続無失点時間は通算630分。1998年に横浜フリューゲルスの楢崎正剛が記録していた627分を抜いて単独2位になったが、連続無失点時間に換算すると、実はまだ1位ではないのだ。

 現在までのトップは1993年に清水エスパルスのシジマールが記録した731分連続無失点記録だ。無失点試合は6試合だったが、当時のレギュレーションでは90分間同点の後に延長戦が行われていたため、6試合のうち3試合が延長戦に。その結果、無失点時間は通算731分となっているのである。もし次節鹿島アントラーズ戦に無失点でも、西川はこの記録にはおよばない。

 当時「クモ男」の愛称で人気だったシジマールの壁は、まだ高そうだ。
引用元:浦和GK西川、7試合連続無失点記録樹立、連続無失点時間は単独2位。目指すは「クモ男」! | フットボールチャンネル | サッカー情報満載! http://www.footballchannel.jp/2014/07/25/post47027/2/