「安藤優也」阪神の投手 トヨタ自動車出身 2008-2011開幕投手 「久保田智之」阪神の元投手 常磐大学出身 2007年シーズン最多登板

018WIjJkHY
背番号は「16」
トヨタ自動車から阪神に入団
2008年から3年連続開幕投手
2008年に自己最多の13勝
久保田智之 くぼたともゆき
安藤優也(答)あんどうゆうや
能見篤史 のうみあつし
榎田大樹 えのきだだいき

CIMG5763SukLHXeLDSMk
常磐大学から阪神に入団
背番号は「30」
シーズン最多登板の記録を保持
2007、08最優秀中継ぎ投手
能見篤史
福原忍
安藤優也
久保田智之(答)

安藤 優也(あんどう ゆうや、1977年12月27日 – )は阪神タイガースに所属するプロ野球選手(投手)。
>大分県大分市出身。小学生の時、野球を始め「ふじが丘少年野球団」でプレー。ちなみに小中学校の後輩に鉄平がいる。大分雄城台高校時代は県大会ベスト8が最高成績で、比較的無名の存在だった。法政大学に進学後は2年時に慶應義塾大学の高橋由伸にそれまで田淵幸一が持っていた東京六大学リーグ通算本塁打記録を破る23本目の本塁打を打たれ、右肩の故障などもあって大学通算7勝4敗の成績だった。
卒業後は地元の大分銀行に就職して軟式野球に転向する予定だったが、のちに夫人となる大学の同級生の勧めもあり「23本目を打たれた投手と言われ続けるのは嫌だ」と、内定を辞退して社会人野球のトヨタ自動車に入社。なお、大分銀行には後にプロ入りの際の契約金を全額預金することで“恩返し”をした。
>2008年は春季キャンプからハイペースで調整を続けオープン戦でも好調を維持し、3月28日の対横浜戦で自身初の開幕投手を務め5回2失点で勝利投手となった。この年はシーズンを通して先発の柱として活躍、チーム最多で自己新記録となる13勝を挙げた。10月8日の読売ジャイアンツとの同率首位の直接対決(東京ドーム)に先発するも、先制を許し4回2失点で敗戦投手となった。なお、シーズン終了後には、推定年俸1億2,000万円で契約を更改。プロ入り後初めて、年俸が1億円に到達した。
引用元:安藤優也 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E8%97%A4%E5%84%AA%E4%B9%9F

久保田 智之(くぼた ともゆき、1981年1月30日 – )は、埼玉県比企郡吉見町出身の元プロ野球選手(投手)。現在は、阪神タイガースの打撃投手を務める[1][2]。
>高校卒業後は投手として誘われた[3]常磐大学人間科学部コミュニケーション学科に進学し、関甲新学生野球連盟所属の同大硬式野球部に所属。本格的に投手転向して2年時から主戦となったが、地肩の強さに頼った投げ方で連投できなかった[4]。3年時に東海大学との練習試合で球速153 km/hを計測するなどプロから注目されるようになり、2002年春には読売ジャイアンツ(巨人)のキャンプに招待選手として参加した。大学では同期の小野寺力と共に活躍したがリーグ戦の優勝はなく、全国・国際大会にも縁がなかった。同年秋のドラフト会議で阪神タイガースから5巡目で指名され入団。
>2005年はウィリアムス、藤川球児と共に『JFK』と呼ばれるリリーフトリオを形成。同年から開始となったセ・パ交流戦では、5月18日の対西武ライオンズ戦でシーズン5セーブ目を記録。チームが優勝を決めた9月29日の対巨人戦では胴上げ投手となった。また、同年は自身の球団最速記録を更新する157 km/hを計測した。しかし、リリーフ投手としてはやや安定感に欠け、走者を出してはギリギリのところで抑える場面が多かった。
>2007年からは藤川が抑えに回り、久保田はセットアッパーとして起用されるようになった。先発投手陣の不振もあってシーズン通してフル回転し、90試合に登板してシーズン最多登板数のNPB記録を更新。防御率1.75, NPB記録のシーズン46ホールド、日本新記録の55ホールドポイントを樹立。下柳剛の10勝に次ぐチーム2位の9勝を挙げ、リリーフ投手ながらチーム2位、リーグ22位の投球回数を投げ、リーグ15位の奪三振数を記録するなどプロ入り後最高の成績を残し、初タイトルとなる最優秀中継ぎ投手を獲得。オールスターゲームにも監督推薦で初出場し、7月20日の第1戦に登板して1回を三者凡退に抑え、勝利投手となった。
引用元:久保田智之 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%85%E4%BF%9D%E7%94%B0%E6%99%BA%E4%B9%8B

能見 篤史(のうみ あつし、1979年5月28日 – )は、阪神タイガースに所属するプロ野球選手(投手)。
>高校卒業後は大阪ガスに入社して野球部に所属したが、故障が多く、熱心な大阪ガスのファンですらほとんど姿を見ることができず「幻の投手」とまで呼ばれ、本人も「5年目までやってダメだったら引退して社業に就くことを真剣に考えていた」と当時を振り返っている[2]。
>2009年は同じ左腕の岩田稔など投手陣に故障者が出た影響もあって開幕から先発ローテーション入り。6月までは打線の援護に恵まれない試合もあって負けが先行し、7月4日の対東京ヤクルトスワローズ戦では5回途中4失点で敗戦投手となり、その後3試合はリリーフでの登板となった。7月19日の対巨人戦で再び先発して9回を2安打無失点12奪三振で勝利投手となった後は登板した11試合全てに先発して9勝2敗と安定した投球を続け、プロ入り後初の規定投球回到達となるリーグ9位の165回を投げ、共に同4位の防御率2.62に13勝、同2位の154奪三振といずれもチームトップの成績を記録した。同年は対巨人戦で内海哲也を相手に4試合連続で投げ勝ち、広島東洋カープに対しても7試合の登板で4勝して防御率1.45と得意にした。
引用元:能見篤史 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%BD%E8%A6%8B%E7%AF%A4%E5%8F%B2

榎田 大樹(えのきだ だいき、1986年8月7日 – )は、阪神タイガースに所属するプロ野球選手(投手)。
>東京ガスでは入社1年目から投手の柱として活躍し、2009年の第80回都市対抗野球大会では若獅子賞を受賞し、好左腕として注目される。2010年の都市対抗戦でも大活躍した。同年10月28日、ドラフト会議にて阪神タイガースから1位指名を受け、11月26日に契約金1億円プラス出来高払い5,000万円、年俸1,500万円で仮契約を結んだ[1]。11月には広州アジア大会日本代表に選ばれ銅メダルを獲得した。
引用元:榎田大樹 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A6%8E%E7%94%B0%E5%A4%A7%E6%A8%B9