田中将大をドラフト指名し競合「日本ハム」「オリックス」「横浜」「楽天」

085EuFiZXS
次のうち、2006年のドラフトで
駒大苫小牧の田中将大の指名で
競合したプロ野球チームを
1つ選びなさい
ロッテ
ダイエー
オリックス(答)
楽天(答)
日本ハム(答)
阪神
ヤクルト
広島

田中 将大(たなか まさひろ、1988年11月1日 – )は、日本の兵庫県伊丹市出身のプロ野球選手(投手)。現在は、MLBのニューヨーク・ヤンキースに所属している。
2014年からはMLB移籍に伴い活動拠点を北米に移し、現地の代理人はエクセル・スポーツ・マネージメント社となっている。
連続勝利のギネス世界記録保持者。妻は、歌手でタレントの里田まい。
>2006年9月25日の高校生ドラフト会議において、北海道日本ハムファイターズ、オリックス・バファローズ、横浜ベイスターズ、東北楽天ゴールデンイーグルスから1巡目指名を受け、抽選の結果楽天が交渉権を獲得[12]。同月30日に開幕した秋ののじぎく兵庫国体では1回戦で13奪三振、無失点に抑える[13]など決勝までの3試合24イニングを無失点で抑えるも、10月4日の早稲田実業との決勝戦では甲子園でも投げ合った斎藤佑樹に適時打を浴び、1-0で敗れ準優勝[14][1]。11月2日には楽天と仮契約を結び、背番号は18に決定[15]。
高校時代の公式戦通算成績は57試合の登板で35勝3敗、計329回2/3を投げ、防御率1.31、奪三振数は横浜高校の松坂大輔を上回る458奪三振を記録[1]。周囲からは「怪物」「世代最強エース」などと評された[1]。打者としても高校通算13本塁打を記録している[16]。
引用元:田中将大 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E5%B0%86%E5%A4%A7