「18チーム」J1 「22チーム」明治安田生命J2リーグ

039rFYKJeu
040swBxmyx
サッカーのJリーグで
J1のチーム数は18ですが

J2のチーム数は◯◯?
数字で答えなさい
22(答)

J2リーグは、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)における2部リーグのことを指す名称である。略称はJ2(ジェイツー)。2014年まではJリーグ ディビジョン2(J. League Division 2)の呼称を用いていた。
>1999年にJリーグの2部化によって誕生した。初年度のJ2参入クラブは、J1参入決定戦でJ1参入が叶わなかった2クラブと第7回ジャパンフットボールリーグ (1998年) の参加クラブのうち将来的なJリーグ入りを希望していた8クラブの計10クラブで争われた。
リーグ開始当初から現在まで1ステージ制を採用している。
リーグ開始当初からリーグとしての冠スポンサーは存在しなかったが、2015年シーズンからは明治安田生命保険相互会社とJリーグ全体のタイトルスポンサーとしての契約(Jリーグタイトルパートナー契約)を締結し[1]、リーグ戦の名称を「明治安田生命J2リーグ(MEIJI YASUDA J2 LEAGUE)」とすることとなった[2]。
>試合方式[編集]
22チームによる2回戦総当りの1ステージ(通年制/各チーム42試合)の成績で順位を決定する。
勝ち点は勝ち3点、引き分けは双方に1点、負け0点。最終的に勝ち点の多いチームが優勝。同点の場合、得失点差・総得点・直接対決成績・反則ポイント・決定戦の順で決める。なお、決定戦は主催者が特に必要とした場合に実施する。行わない場合は抽選で順位を決める。
昇降格[編集]
原則として、上位チームがJ1に昇格し、翌年はJ1所属となる(詳細は入れ替え制度の項目を参照)。2012年からは、上位2チームが自動で昇格し、残る1チームについては、J1昇格プレーオフを行って決める。
2012年シーズンから下位チームとの間で日本フットボールリーグ (JFL) との昇降格が実施された。2014年シーズンからは昇降格の対象が同年に新設されたJ3リーグに変更された(後述)。
引用元:J2リーグ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/J2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0