「ダニエル・リカルド」オーストラリア人レーサー 2014レッドブルで初優勝 トロロッソ時の同僚はエリック・ベルニュ

092gorvhpJ
オーストラリア人レーサー
HRTからエフワンデビュー
2012年からトロロッソに移籍
2014年にレッドブルで初優勝
シャルル・ピック
ジュール・ビアンキ
ギド・ヴァン・デル・ガルデ
ダニエル・リカルド(答)

008ZBaVyzL
2012年シーズンにトロロッソで
エフワンデビューを果たした
フランス人レーサーは
ジャン=◯◯◯◯◯◯◯◯◯?
クッエリベ・ニュル
エリック・ベルニュ(答)
Jean-Éric Vergne
引用元:「エリック・ベルニュ」2012トロロッソでF1デビュー | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/21863/

ダニエル・リチャルド(Daniel Ricciardo, 1989年7月1日 – )は、オーストラリア・西オーストラリア州パース出身のレーシングドライバー。「ダニエル・リカルド」とも表記される。彼の両親はイタリア出身のため、姓をイタリア語読みのリチャルドと名乗っているが、本人はオーストラリア生まれのため英語風に「リカード」と発音している。[1]。
>スクーデリア・トロ・ロッソ[編集]
2012年はトロ・ロッソのレギュラードライバーとして参戦[4]。チームメイトは同じく初のフル参戦となるジャン=エリック・ベルニュ。レースパフォーマンス自体は比較的安定しており、予選でもベルニュを上回るものがほとんどだったが、最終的な獲得ポイント、リザルトでは共にベルニュを下回り、ドライバーズランキングは18位(ポイントを獲得したドライバーの最下位)に終わったものの、入賞回数ではベルニュが4回の入賞をしたのに対し、リチャルドは6度の入賞をしている。また、完走率においてもリチャルドは第6戦モナコGPにおけるリタイヤのみであったが、ベルニュは4度のリタイヤを喫しており、ヒスパニア・レーシング時代でも持ち味とした安定感を光らせていた。
>レッドブル・レーシング[編集]
2014年よりマーク・ウェバーの引退に伴いレッドブルへの昇格が決定した[6]。開幕戦オーストラリアGPでは、2位入賞を果たすも最大燃料流量違反で失格となる。第2戦マレーシアGPではリタイアするも、第3戦バーレーンGP・第4戦中国GPでは4位入賞を果たす。第5戦スペインGPにて「事実上の自身初の表彰台」にて3位入賞となり、同様に第6戦モナコGPでも3位表彰台を獲得した。 第7戦カナダグランプリでは予選6番手であったが、粘り強いレース運びで着実にポジションを上げ、終盤2位を走るセルジオ・ペレスに迫る。多くのマシンがトラブルを抱えながら走るサバイバルレースであり、自身のマシンもブレーキトラブルを抱えていたが一瞬の隙を突いてペレスをオーバーテイクする。同様に MGU-K を失った為に立ち上がり加速でハンディを負うと共に、最高速も伸びないニコ・ロズベルグを遂にオーバーテイクし見事初優勝を果たした。
引用元:ダニエル・リチャルド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%89

シャルル・ピック(Charles Pic 、1990年2月15日 – )はフランス出身のレーシングドライバー。文献によっては英語読みに準じてチャールズ・ピックと表記されることもあるが、フランス語読みではシャルルとなる。
>2011年11月27日、ヴァージン・レーシングは2012年よりピックをレギュラードライバーとして起用することを発表した。チームメイトはティモ・グロックとなる[1][2]。 後にヴァージンはマルシャ・モーターズに株式売却したため初出走はマルシャF1チームからとなった。戦闘力の低いマシンであったが、時折グロックを上回るパフォーマンスをみせることもあった。最終戦ブラジルグランプリではグロックのチームにおけるベストリザルトと並ぶ12位に入った。また、根気強く周回数を重ねたため年間の被オーバーテイク数は70を数え、F1新記録を樹立している[3]。
2013年はケータハムへの移籍が発表された。ヴァージン時代も含め、このチームでデビューしたドライバーが2年目もF1を走るのは初めてのことである。
2014年はレギュラーシートを獲得することが出来ず、ロータスのリザーブドライバーとして契約した[4]。その一方、新たに開催されたフォーミュラEにおいてアンドレッティ・フォーミュラEチームより参戦している[5]。
引用元:シャルル・ピック – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF

ジュール・ルシアン・アンドレ・ビアンキ(Jules Lucien André Bianchi, 1989年8月3日 – 2015年7月17日)は、フランス・アルプ=マリティーム県ニース出身のレーシングドライバー。
>事故による昏睡〜死去[編集]
2014年10月5日、鈴鹿サーキットで開催された第15戦日本GPにおいて、折からの台風18号に伴う雨により、44周目にダンロップ・コーナーを旋回中にハイドロプレーニング現象が発生。コントロールを失いアウト側にコースアウト。同じ場所で先にコースアウトし、クラッシュしていたエイドリアン・スーティルのマシンを撤去していたホイールローダー(クレーン車)に後方から追突した。ビアンキは意識を失い、救急車で四日市市の三重県立総合医療センターへ搬送され、緊急手術が行われた[8]。手術は成功し、ビアンキは人工昏睡状態におかれ同病院で治療が継続され、のちに自発呼吸の回復とバイタルサインの安定が認められた事から母国への移送ができると判断。11月19日にフランス・ニースのニース大学付属病院に転院した[9]。しかし、九ヵ月後の2015年7月13日にSNSでビアンキの親族が「現在楽観できない状況になりつつある」と発信。そして、その四日後の2015年7月17日夜、ビアンキは意識が戻らないまま入院先の病院にて死去した(享年25)[10]。F1グランプリレースウィーク中の事故によりドライバーが亡くなるのはアイルトン・セナ、ローランド・ラッツェンバーガー以来21年ぶりの事であった。
引用元:ジュール・ビアンキ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%93%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%AD

氏名 ギド・ヴァン・デル・ガルデ
生年月日 1985年4月25日
出身地 オランダ・レーネン
年齢 30歳271日
チーム ザウバー, Barwa Addax Team, Caterham Team AirAsia, ケータハム
>プロフィール
1998年にオランダのカート選手権で勝利し、2008年にフォーミュラ・スーパーAのタイトルを獲得したギド・ヴァン・デル・ガルデは2003年にフォーミュラ・ルノーに進み、印象的なデビューシーズンを送った。ランキング6位という結果はルノー・ドライバー・ディベロップメント・プログラムとの契約に繋がり、翌年はF3に参戦。2年連続で9位になったことからルノーのプログラムを脱落するも、2006年にセバスチャン・ベッテルとポール・ディ・レスタをチームメイトとしてASMから同シリーズに理想的な位置を得た。
引用元:ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ドライバー | ESPN F1 http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/driver/19736.html