「ミロシュ・ラオニッチ」 長身のビッグサーバー カナダのテニス選手 ユーゴスラビア出身

072RhYfQZT
2014年ウィンブルドンでベスト4
長身のビッグサーバー
カナダのテニス選手
ユーゴスラビア出身
ダビド・フェレール
アンディ・マレー
ミロシュ・ラオニッチ(答)
スタン・ワウリンカ

ミロシュ・ラオニッチ(Milos Raonic, Miloš Raonić 英語発音: [ˈmiːloʊʃ ˈraʊnɪtʃ] セルビア・クロアチア語発音: [mîloʃ râonitɕ], 1990年12月27日 – )は、モンテネグロ・ポドゴリツァ出身のカナダの男子プロテニス選手。これまでにATPツアーでシングルス7勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス4位。身長196cm、体重98kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。「ミロス・ラオニック」の表記も見られるが、カナダ国籍でありカナダのメディアも「ミロシュ・ラオニッチ」と言う発音を使用している[1]。
マスターズ1000準優勝2回、2014年ATPワールドツアー・ファイナル出場。2014年全米オープンシリーズ優勝。
>4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(2015)
全仏 ベスト8(2014)
全英 ベスト4(2014)
全米 4回戦(2012・13・14)
>プレースタイル[編集]
長身から繰り出される最高250km/hの高速サーブを武器にするビッグサーバー。球足の速いハードコートの勝率が高く、バックに来た打球をまわり込み高い打点から打つフォアハンドショットを得意としている。[2]
引用元:ミロシュ・ラオニッチ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%AA%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%81

ダビド・フェレール(David Ferrer, 1982年4月2日 – )は、スペイン・ハベア出身の男子プロテニス選手。シングルス自己最高ランキングは3位。これまでにATPツアーでシングルス25勝、ダブルス2勝を挙げ、2007年のジャパン・オープンで優勝したこともある。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。
2013年全仏オープンシングルス準優勝者。2007年年間最終戦テニス・マスターズ・カップ準優勝者。2012年BNPパリバ・マスターズ優勝。マスターズ1000準優勝6回。デビスカップでスペインの3度の優勝に貢献。生涯獲得賞金ランキング歴代8位、現役では5位。
>プレースタイル[編集]
上位選手陣でも屈指のリターナーで、強靭なフットワーク、およびスタミナを持つベースライナー。フォア、バックハンドともにコンパクトで粘り強いストロークをする。身長175cmと小柄ながらもここぞという時に力強いウィナーを放ち、フットワークを生かしたネットプレーも得意。ベースライナーのためクレーコートを最も得意とするが、他のコートを苦手としているということは無く、どのサーフェスでも高水準で安定したプレーが出来る。これが長い間上位ランキングをキープしていることに繋がっている。[1][2]
引用元:ダビド・フェレール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%AB

アンディ・マレー(Andy Murray, 1987年5月15日 – )は、スコットランド・ダンブレーン(英語版)出身の男子プロテニス選手。フルネームは Andrew Murray (アンドリュー・マレー)というが、愛称の「アンディ」で呼ばれることが多い。現地読みに近い「アンディ・マリー」とする表記もある[1]。身長190cm、体重84kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。
4大大会では、2012年全米・2013年ウィンブルドンの2度優勝(イギリス人選手77年ぶりの優勝者)、6度の準優勝経験がある。また、ロンドン五輪男子シングルス部門でイギリス勢104年ぶりの金メダリスト。マスターズ1000優勝11回。シングルス自己最高ランキングは2位。生涯獲得賞金ランキング歴代5位。
ロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダル、ノバク・ジョコビッチと共にBIG4と称される。
>プレースタイル[編集]
ミスの少ないグランドストローク、予測・反応に長けた守備と攻撃に切り替えるスピードが武器のカウンターパンチャー。その速く的確な守備により守備位置からウィニングショットを打つことができる[9] [10]。彼のプレイはミロスラフ・メチージュに通じると言われている。
ダイナミックなストローク、両手バックハンドは最高レベルの1人。ティム・ヘンマンはマレーはレイトン・ヒューイットに次ぐ最高のロブを持っていると述べている[11]。リターナーとしても優秀で予測能力とリーチの長さでサービスエースを阻止できる[12]。またマレーはもっともインテリジェントな戦術家の1人として知られている[13]。
肉体維持のため、試合後1時間以内にプレーで失われた炭水化物とタンパク質の補給に寿司を食べている[14]。
引用元:アンディ・マレー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BC

スタニスラス・”スタン”・ワウリンカ(Stanislas “Stan” Wawrinka [ˈstaːnɪslas (stɛn) vaˈvrɪŋka, vaˈfrɪŋka]、 1985年3月28日 – )は、スイス・ローザンヌ出身の男子プロテニス選手。これまでにATPツアーではシングルス12勝、ダブルス2勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス3位、ダブルス90位。身長183cm、体重81kg。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。パブリンカと呼ばれることも多く、2014年5月に登録名を「スタニスラス」から愛称の「スタン」に変更している。
2014年全豪オープン・2015年全仏オープン優勝。2014年モンテカルロ・マスターズ優勝。2008年の北京五輪男子ダブルスで、ロジャー・フェデラーと組んで金メダルを獲得。2014年デビスカップでスイス代表の優勝に貢献した。
>プレースタイル[編集]
歴代でも最高の片手バックハンドショットを持っており、特に土とハードコートのプレイが得意であるパワフルなアグレッシブ・ベースライナー。また最高232km/hのファーストサービスも武器。
2014年以降、2010年代最強プレイヤージョコビッチと互角に戦える数少ない実力者。しかし、呆気なく初戦敗退してしまう等好不調の波が大きいことが大きい弱点である[2][3]。
引用元:スタン・ワウリンカ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%82%A6%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AB