かとうごうすけ「加藤豪将」 2013年MLBドラフトでヤンキースから指名

057EXdqgoT
2013年のドラフト会議で
ヤンキースに指名されました
加藤豪将
かとうごうすけ(答)

加藤・ジョン・豪将(かとう ジョン ごうすけ、1994年10月8日 – )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ポーウェイ出身のプロ野球選手(内野手)。右投げ左打ち。現在はMLB・ニューヨーク・ヤンキース傘下に所属。
>ヤンキース傘下時代[編集]
契約後はルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ヤンキースに合流。6月21日、開幕戦のパイレーツ戦で本塁打を放った[7]。50試合の出場で打率.310、6本塁打、25打点、OPS.924、4盗塁を記録。ガルフコーストリーグのベストナインおよびベースボール・アメリカ誌選出の来季チーム有望株トップ10位に選ばれた[8]。12月2日にはMiLBとTopps社が選ぶ「Topps Short-Season/Rookie All-Star」に選出された[9]。
>2015年、A級チャールストンで開幕を迎えたが、39試合の出場で打率.161、1本塁打、9打点、OPS.466、8盗塁の成績で5月25日にフロリダ州タンパで行われている延長キャンプに送られた[11]。その後、6月下旬にルーキーアドバンスド級プラスキ・ヤンキースへ合流。ここでは59試合の出場で打率.287、5本塁打、22打点、OPS.842、9盗塁の成績でアパラチアンリーグのベストナインに選ばれた[12]。
引用元:加藤豪将 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E8%B1%AA%E5%B0%86

 厚みを増した胸板、見違えるように太くなった上腕と太もも。ヤンキース傘下のマイナーでプレイする20歳の加藤豪将(かとう・ごうすけ)は、このオフの3カ月で体重が78キロから90キロに増えた。
>2013年6月に行なわれたMLBドラフトでヤンキースから2巡目(全体66番目)の指名を受けた加藤は、その年、ルーキーリーグで50試合に出場。打率.310、6本塁打、25打点の成績を残し、リーグのベストナインに加え、『ベースボール・アメリカ』誌が選んだ期待の有望株トップ10にも選ばれた。ヤンキースの育成担当は「ゴウスケの適応力なら、1Aに昇格しても内容のある結果を残すだろう」と期待をかけた。
 意気揚々と挑んだ昨季。加藤は1Aチャールストン・リバードッグスの正二塁手としてフル出場(121試合)を果たしたが、打率.222、3本塁打、37打点の結果に終わった。それでも後半戦は打率.251と立て直し、出塁率も.382と持ち味を発揮。再び球団からは高い評価を得た。しかし、決して現状に満足していない20歳の若者は、次へのステップを真剣に考えていた。
引用元:メジャーへ着々。ヤンキース加藤豪将、3年目の野心|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva|MLB http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/mlb/2015/01/15/post_160/