ウォークライ 「ハカ」ニュージランド 「シピタウ」トンガ 「シンビ」フィジー 「シヴァタウ」サモア

007tsoIHKH
次の国と、その国の
ラグビー代表が試合前に
おこなうウォークライの
正しい組み合わせを選びなさい
フィジー───シンビ
トンガ───シピタウ
ニュージランド───ハカ

ハカ(Haka)は、ニュージーランドマオリ族の民族舞踊。
>本来はマオリ族の戦士が戦いの前に、手を叩き足を踏み鳴らし自らの力を誇示し、相手を威嚇する舞踊である。
現在では国賓や海外からの訪問者を歓迎する舞として披露されるほか、ラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)が国際試合前に舞う民族舞踏として有名である。英語で「ウォークライ(War Cry(闘いの雄叫び、日本語で「鬨ときの声」)と呼ばれる。
ハカはニュージーランドでは一般的な民族舞踊であり、現在では相手に対し敬意や感謝の意を表する舞として披露されることから、結婚式、葬儀、卒業式、開会式、歓迎式典など、あらゆる場面で目にする機会が多い。死者の御霊を供養し哀悼の意を表す形として葬儀でハカを舞うこともある。
引用元:ハカ (ダンス) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%AB_(%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B9)

フィジー代表のウォークライ(シンビ)。 (ニュージーランドのウォークライは「ハカ」、トンガのものは「シピタウ」、サモアのものは「シヴァタウ」、フィジーのものは「シンビ」と呼ばれます)
引用元:日本ラグビーフットボール協会さんはTwitterを使っています: “フィジー代表のウォークライ(シンビ)。 (ニュージーランドのウォークライは「ハカ」、トンガのものは「シピタウ」、サモアのものは「シヴァタウ」、フィジーのものは「シンビ」と呼ばれます)#PNC2013 http://t.co/RDzPsZVgAy” https://twitter.com/jrfumedia/status/347267741826285568