大リーグの下部リーグ ルーキーリーグ「ガルフコースト・リーグ」「アリゾナ・リーグ」「パイオニア・リーグ」 2A「テキサスリーグ」「イースタンリーグ」「サザンリーグ」 3A「インターナショナルリーグ」「パシフィックコーストリーグ」「メキシカンリーグ」

291SoSRFiz
大リーグの下部リーグ
パイオニア・リーグ
アリゾナ・リーグ
ガルフコースト・リーグ
ルーキーリーグ(答)
1A
2A
3A


大リーグの下部リーグ
テキサスリーグ
イースタンリーグ
サザンリーグ
2A(答)

連想
大リーグの下部リーグ
インターナショナルリーグ
パシフィック・コーストリーグ
メキシカンリーグ
3A(答)

マイナーリーグ(英語: Minor league)の語義は「小同盟」であるが、多くはリーグ戦形式で争われるスポーツリーグの最上位に位置づけられるメジャーリーグに対する下位、あるいは小規模なリーグを指して用いられ、通常は北アメリカのプロ野球リーグの最高峰「メジャーリーグベースボール」の傘下リーグとなっている「マイナーリーグベースボール」を意味する。ごくまれだが、小リーグと呼ばれることもある。
>マイナーリーグベースボール(以下、MiLB)は、MLBとは独立に運営されている北アメリカのプロ野球リーグのうち、MLBの傘下に入る協定をしているものである。AAA(トリプルA、3A)を筆頭に、AA(ダブルA、2A)、アドバンスドA、クラスA、ショートシーズンA、ルーキー・アドバンスド、最下位組織の「ルーキーリーグ」の7段階にクラス分けされる。MLB所属チームは複数の階層のMiLB所属チームと選手育成契約(Player Development Contract, PDC)を結び、その下部組織としている。MiLB所属チームは契約したMLB所属チームがドラフト及びカリブ海ドラフトで獲得した選手の育成、故障選手の練習の場となるほか、独自に獲得した選手を育成してMLBに供給する役割も担う。なお、メキシカンリーグもMLBのAAAクラス相当になっているがMLBの傘下協定には入っておらず、個々のチームもMLB所属チームと選手育成契約をしていない。
>トリプルA[編集]
インターナショナルリーグ
パシフィック・コーストリーグ
メキシカンリーグ(MLBの傘下協定には入っていない)
>ダブルA[編集]
イースタンリーグ
サザンリーグ
テキサスリーグ
>ルーキー[編集]
アリゾナリーグ
ガルフ・コーストリーグ
ドミニカン・サマーリーグ
ベネズエラン・サマーリーグ
引用元:マイナーリーグ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0