ジョージ・「アリアス」 2003阪神優勝に貢献した内野手 オリックスから阪神へ

186GkiSIte
2002年にオリックスから
阪神タイガースへ移籍し
2003年の優勝に貢献した選手は
ジョージ・◯◯◯◯?
ィデスルパ
ウエアンリ
アリアス(答)
「ジョージ・アリアス」

ジョージ・ルベルト・アリアス(George Alberto Arias, 1972年3月12日 – )は、アメリカ合衆国アリゾナ州出身の元プロ野球選手(内野手)。一時期の登録名はジョージ。
ヒスパニック系で、英語とスペイン語のバイリンガル。
>オリックス時代[編集]
オリックス1年目の2000年に26本塁打、2年目は38本の活躍を見せ、チーム内最多打点などの記録を2年連続で残したものの、出塁率の低さや、当時の他球団の外国人選手と比べると今一歩見劣りするという理由で、球団側は年俸交渉でほとんどアップを提示しなかった。一方2年契約だったアリアスは、勝利試合への貢献度や、打線の牽引役としての働きを訴えて大幅アップを主張した。結局交渉は決裂し、オリックスを退団。この年オフ、新たに阪神タイガースの監督に就任した星野仙一がアリアスの獲得を強く要望し、年俸2億5,000万円プラス出来高払い5,000万円(2年契約)の大型契約を締結した。
>阪神時代[編集]
2002年開幕戦の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)で移籍第1号本塁打を放った。この年3番を担った片岡篤史とのコンビは阪神の強力打線の口火となった。この年は32本塁打、82打点と活躍したが、チームは4位に沈んだ。
2003年は6番で開幕し、4月11日の対巨人戦で、来日100号本塁打を放った。5月9日の対横浜ベイスターズ戦では吉見祐治から濱中おさむ、片岡と共にレフトスタンドへ本塁打を放ち、平成の3連発を完成させた。また、6月中盤からは主に5番打者として出場した。優勝争いの真っ只中である9月7日の対横浜戦で、第32号満塁本塁打を放ち、球団史上最多タイのシーズン80勝に貢献。最終的に38本塁打、107打点で本塁打王・打点王を争う活躍を見せ、18年ぶりの阪神のリーグ優勝に貢献した。9月17日の対広島東洋カープ戦では、消化試合だったため1番で先発し、来日初となる初回先頭打者本塁打を放った。また、守備も安定しており一塁手としてベストナイン・ゴールデングラブ賞を受賞した。
引用元:ジョージ・アリアス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%B9