ロードレース世界選手権250cc優勝順「原田哲也」「加藤大治郎」「青山博一(ひろし)」 「74」ロードレース世界選手権の永久欠番 加藤大治郎の誕生日から

216iMySdwP
次の日本人ライダーを、
ロードレース世界選手権・
250ccクラスで年間総合優勝を
達成した順に選びなさい
原田哲也
加藤大治郎
青山博一

エフェクト
2009年のロードレース世界選手権250ccクラスで年間総合優勝
青山博一
あおやまひろし(答)

328neTpzDqHJR
事故死した加藤大治郎を称え
ロードレース世界選手権で
永久欠番となっている
ゼッケンナンバーは何番?
34
68
50
→74

ロードレース世界選手権(ロードレースせかいせんしゅけん)は、オートバイによるモータースポーツ。国際モーターサイクリズム連盟(FIM)が統括し、1949年に始まった二輪ロードレースの最高峰カテゴリーである。現在はドルナ社(DORNA)が各種権利等を管理している。
>シリーズの略称は、2001年迄はWGP(World Grand Prixの略)が一般的だったが、2002年に500ccクラスがMotoGPクラスに改編されたのを機に、現在はシリーズ全体の略称にもMotoGPが使われている。
選手権はエンジンの排気量別に3つのクラスに分かれており、MotoGPクラスは4ストローク1000cc、Moto2クラスは4気筒4ストローク600cc(ホンダのワンメイク)、Moto3クラスは単気筒4ストロークの250ccエンジンを使用する[1]。
>250ccクラス[編集]
2009年までの61年間にわたり開催された、選手権で2番目に長い歴史を持つクラス。250cc以下のレース専用車両で競われた。最終的なレギュレーションでは最低重量は100kg。エンジンは2ストローク、4ストロークのどちらでも選べたが、末期は全てのチームが軽量・ハイパワーである2ストロークを採用していた。シリンダー数は2気筒以下。
>日本人では原田哲也(1993年)、加藤大治郎(2001年)、青山博一(2009年)の3人がタイトルを獲得している。1990年代前半は岡田忠之、原田哲也、青木宣篤ら日本人トリオが活躍した。
引用元:ロードレース世界選手権 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9%E4%B8%96%E7%95%8C%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9

原田哲也(はらだ てつや、1970年6月14日 – )は、千葉県千葉市出身の元オートバイ・ロードレースライダー。
1993年ロードレース世界選手権(WGP)GP250チャンピオン。WGP通算17勝(日本人最多タイ)。WGP通算表彰台55回(日本人最多)。
イタリアではテレビCMに出演するなど高い人気を誇り、「イタリアで最も有名な日本人」との異名を取った。
ニックネームは、冷静沈着なレース運びから『クールデビル』
ゼッケン番号は、31をトレードマークにしていた。
引用元:原田哲也 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E7%94%B0%E5%93%B2%E4%B9%9F

青山 博一(あおやま ひろし、1981年10月25日 – )は、千葉県市原市出身のオートバイレーサー。2003年全日本ロードレース選手権GP250チャンピオン、2009年ロードレース世界選手権250ccクラスチャンピオン。最高峰MotoGPクラスを4年間走り、現在はHRC(ホンダ・レーシング)のテストライダー。弟は現オートレース選手の青山周平。
引用元:青山博一 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E5%B1%B1%E5%8D%9A%E4%B8%80

加藤大治郎(かとう だいじろう、1976年7月4日 – 2003年4月20日)は、埼玉県浦和市(現さいたま市)出身のオートバイロードレースレーサー。血液型A型。
>確たる自信をつかめないままスタートしたシーズン開幕戦、日本GP(鈴鹿)、予選は好調といえない状態で11位。決勝ではまずまずのスタートをきり、4位争い集団につけた。3周目、130Rの立ち上がりでマシンが左右に激しく揺さぶられ、コントロールを失い、立て直そうと試みたもののその先のシケインのスポンジバリアに激突した。発生から激突までわずか2秒ほどであった。ヘリコプターで病院に搬送され意識不明の状態が2週間ほど続いたが、4月20日未明、脳幹梗塞のため夭折する。26歳。
引用元: 加藤大治郎 – Wikipedia

日本人選手の番号で世界的に有名なのは、故加藤大治郎氏の“74”だろう。これは誕生日の7月4日に由来する数字で、MotoGPでは永久欠番となっている。現役選手ではMoto2に参戦する高橋裕紀選手が7月12日の誕生日にちなんで“72”を使用している。
>また、最近のユニークな例としては、富沢祥也選手が、名前の読み「しょうや」にちなんだ“48”を使用している。
引用元: Honda | MotoGP学科 10限目「ゼッケンの話」

>WGP世界選手権第13戦 パシフィックGPが開催されたツインリンクもてぎで10月4日、MotoGPの殿堂入り式典が行われ、2001年に250ccクラスのシリーズ・チャンピオンを獲得するなどの功績を残した故加藤大治郎選手が殿堂入りを果たしました。
>また翌5日には、開会式前のセレモニーにおいて、加藤選手のゼッケンナンバー74番が永久欠番となることが伝えられました。
引用元: 加藤大治郎選手がMotoGP殿堂入り