「山口舞」岡山シーガルズのセンター 大阪国際滝井高等学校出身

051WrZqyDC
ミドルブロッカーとして活躍
大阪国際滝井高校出身
代表ではウイングスパイカー
岡山シーガルズに所属
山口舞(答)
栗原恵
長岡望悠 ながおかみゆ
中道瞳

背番号 2
名前 山口 舞
生年月日/星座 1983.7.3/かに座
出身校 大阪国際滝井高校
出身地 三重県
ポジション センター
コートネーム ユメ・パール
身長/足のサイズ 176cm/25cm
血液型 O型
最高到達点/指高 304cm/226cm
引用元:選手・チーム紹介 選手紹介 山口 舞 http://okayama.v-seagulls.co.jp/team/member/2/

山口 舞(やまぐち まい、女性、1983年7月3日 – )は、日本のプロバレーボール選手[1]。三重県志摩郡志摩町(現志摩市)出身。ニックネームはユメ、パール。プレミアリーグ・岡山シーガルズに所属。
>小学校入学から3年間は地元志摩町にあるブルーシー・アンド・グリーンランド財団(B&G財団)が建設した志摩B&G海洋センターで水泳を習っていたが、小学4年次より友人に誘われてバレーボールを始める[2]。山口の才能を大阪国際滝井高校の才崎哲次監督が見いだし、同校へ進学。1年生の後半からレギュラーに抜擢されると、私学ウィンターバレー優勝やインターハイ(ベスト8)などで活躍した。山口は「個人の能力にあわせた指導してくれ、成長するのが早かった」と述懐している。
2002年にシーガルズ(現岡山シーガルズ)に入団。国体5連覇などの好成績に貢献した。
引用元:山口舞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E8%88%9E

栗原 恵(くりはら めぐみ、女性、1984年7月31日 – )は、日本のプロバレーボール選手[1]。Vプレミアリーグの日立リヴァーレ所属。マネジメントはLDH。ニックネームはコウ、プリンセス・メグ。
>中学1年時には身長が176cmをこえ、2年時の1998年6月、バレーが上手くなりたいという気持ちから兵庫県姫路市の大津中学校にバレー留学をする。大津中の2年後輩に陸上長距離で北京オリンピックに出場した竹澤健介がいる。
高校は山口県防府市の三田尻女子高校(現・誠英高校)に進学し、1年生時にインターハイ・国体・春高バレー優勝の高校3冠を経験する。
>2001年に全日本代表初選出。高校3年生になった2002年、日米対抗に出場し代表デビューを果たす。2003年、Vリーグ(プレミアリーグ)のNECレッドロケッツに入団。同年5月の黒鷲旗大会では若鷲賞を受賞した。同年11月のワールドカップでは、大山加奈と共に『メグカナ』と呼ばれ、19才コンビとして全国的人気を博す。翌2004年のアテネオリンピックに出場し5位入賞を果たした。
引用元:栗原恵 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%97%E5%8E%9F%E6%81%B5

長岡 望悠(ながおか みゆ、女性、1991年7月25日 – )は、日本のバレーボール選手。プレミアリーグ・久光製薬スプリングスに所属。
>東九州龍谷高校では、2009年、ウィングスパイカーとして同級生の栄絵里香、芥川愛加らとともに春高バレーおよびインターハイ優勝、国体優勝の年間3冠達成に貢献。同年12月の平成21年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会においてプレミア勢を連破する大殊勲の原動力となった。
またユース代表やジュニア代表として、2007年第6回アジアユースバレーボール女子(U-18)選手権大会優勝(ベストスパイカー賞獲得)、世界ユース女子(U-18)バレーボール選手権大会、2008年アジアジュニア女子選手権大会優勝などに貢献。
引用元:長岡望悠 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%B2%A1%E6%9C%9B%E6%82%A0

中道 瞳(なかみち ひとみ、女性、1985年9月18日 – )は、日本の元バレーボール選手。元全日本で、ロンドンオリンピック銅メダリスト。ニックネームはミチ。プレミアリーグ・東レ・アローズに所属していた。
>練習に訪れた京都橘高校でバレーボールの質の高さに驚き、同校の三輪欣之監督に入部の意志を伝えると「中学時代によい戦績を残すように」とアドバイスを受ける。中学は地元の中学校に入学するが活躍の場が得られず、伝手を頼って甲良町立甲良中学校にバレーボール留学する。中学3年次には、アクエリアスカップ(現全国都道府県対抗中学バレーボール大会)出場、近畿大会上位進出などの戦績を果たす。
念願がかない京都橘高校に進学すると、2003年春高バレー(ベスト4)、NEW!!わかふじ国体では優勝を飾った[2]。中道は高校時代を振り返り、「セッターとしてのゲームメイク、トスまわしなどを三輪監督に教わり非常に感謝している」と述懐している。
>2012年6月、ロンドンオリンピックの代表メンバーに選出された[4]。同年8月のロンドンオリンピック準々決勝対中国戦はフルセットの大熱戦となり、リリーフサーバーで登場した中道がサービスエースを決め、24年ぶりのベスト4進出に貢献した[5]。
引用元:中道瞳 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E9%81%93%E7%9E%B3