「加藤大輔」ナックルカーブを武器に2008最多セーブ オリックス

038bocMpBs
2008年シーズンのパ・リーグで
ナックルカーブを武器に
33セーブを記録し、最多セーブの
タイトルを獲得した選手は?
金子大寛
加藤忠輔
荻野一尋
加藤大輔(答)

加藤 大輔(かとう だいすけ、1980年7月27日 – )は、福岡県豊前市出身の元プロ野球選手(投手)。ニックネームは大加藤(大カトーに由来)。
>2008年からホームゲームでは加藤がセーブがつく状態でマウンドに上がる際、彼だけの特別映像がスタジアムビジョンに流れるようになった。8月27日には球団新記録となる28セーブを達成。チームトップの63試合に登板して33セーブを挙げ、初タイトルとなる最多セーブ投手を獲得したが、9月上旬まではセーブがつく場面での救援失敗が4度だったが、ターメル・スレッジに逆転サヨナラ打を浴びた9月15日以降は3度の救援失敗し、終盤は抑えでの登板はなく防御率も3.29で前年よりも悪化した。だが、チームは9年ぶりのAクラスに入るなど自身の貢献度の高いシーズンとなった。シーズン終了後の秋季キャンプでは臨時コーチの野茂英雄からフォークの指導を受けた[1]。
引用元:加藤大輔 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E5%A4%A7%E8%BC%94