「皇后杯」全日本女子サッカー選手権大会 女子サッカーカップ戦 

029WqRJQpi
日本サッカー協会が主催する
女子サッカーの大会は「◯◯杯
日本女子サッカー選手権大会」?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
こうごう(答)
「皇后杯全日本女子サッカー選手権大会」

第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権は12月27日、神奈川県の等々力競技場で決勝が行われ、INAC神戸レオネッサがアルビレックス新潟レディースに1-0で勝利し、2大会ぶり通算5度目の優勝を飾りました。決勝点は、今季限りで現役引退を表明しているMF澤穂希選手が決めました。
単独開催以来初の大会最高となった20379人が駆けつけた決勝は、第33回(2011年)、第35回(2013年)大会決勝でINACに敗れた雪辱を晴らしたい新潟と、澤選手の引退にタイトル獲得で花を添えたいINACと、両者ともに一進一退を繰り返し、一歩も引かない展開になりました。
引用元:INAC、新潟Lに勝って皇后杯5度目の優勝 ~澤、現役ラストマッチで決勝弾~ | JFA|公益財団法人日本サッカー協会 http://www.jfa.jp/match/empressscup_2015/news/00008461/

皇后杯全日本女子サッカー選手権大会(こうごうはいぜんにほんじょしサッカーせんしゅけんたいかい、The Empress’s Cup)は、日本の女子サッカーのカップ戦である。かつては全日本女子サッカー選手権大会が正式名称であったが、第34回大会(2012年)より皇后杯が下賜されたことに伴って大会名が変更された。
>日本サッカー協会(JFA)に登録した中学生以上の女子選手により編成された、クラブチーム、大学、高校などのチームが参加し、トーナメント方式により優勝をめざすもので、男子の天皇杯全日本サッカー選手権大会に相当する。
>第34回大会からは11月から開始して決勝戦は単独試合として12月下旬(2012年は12月24日にNACK5スタジアム大宮で開催)に行なわれ、同年度からは宮内庁より下賜された皇后杯が優勝チームに授与されることになり[1][2]、大会名も「皇后杯全日本女子サッカー選手権大会」に変更された。
引用元:皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%87%E5%90%8E%E6%9D%AF%E5%85%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9%E5%A4%A7%E4%BC%9A

天皇杯全日本サッカー選手権大会(てんのうはい ぜんにほん[1]サッカーせんしゅけんたいかい)は、日本のサッカーのカップ戦の1つである。
>Jリーグ(J1リーグ戦)、Jリーグヤマザキナビスコカップと並ぶ、日本の国内3大タイトルの1つとされる[2]。2013年度(第93回)まで元日に国立霞ヶ丘陸上競技場にて決勝戦が開催され、サンケイスポーツなどは「正月の風物詩」と称していた[3]。
引用元:天皇杯全日本サッカー選手権大会 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%9A%87%E6%9D%AF%E5%85%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9%E5%A4%A7%E4%BC%9A

Jリーグカップ(J. League Cup)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)参加チームによって争われるリーグカップである。第1回の1992年大会から菓子メーカーのヤマザキナビスコが特別協賛(冠スポンサー)となっており、Jリーグヤマザキナビスコカップ(略称・通称はナビスコカップ)の大会名称を用いている。サッカーの同一冠スポンサーカップとして、ギネス世界記録を更新中である。
引用元:Jリーグカップ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/J%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97