「マイバッハ谷口」ノアの覆面レスラー 谷口周平 「キャプテン・ニュージャパン」新日本プロレスの覆面レスラー 平澤光秀

117Vkrnoxn
2012年2月にプロレス団体・
ノアに登場した覆面レスラーは
「◯◯◯◯◯谷口」?
ボャシンン
キトバッハ
スリプテグ
マイバッハ(答)
「マイバッハ谷口」

CIMG3973
2011年に新日本プロレスに
登場した覆面レスラーは
◯◯◯◯◯・ニュージャパン?
スリシテグ
ボトロョハ
マイバンイ
キャプテン(答)
「キャプテン・ニュージャパン」

高校、大学、自衛隊ではレスリングで活躍し国体3度優勝の実績を持つ。3・15有コロで鈴木軍討伐という目標を持ち、丸藤達と団結。5・10横浜でGHCヘビーに勝利した鈴木みのるへ襲い掛かり挑戦アピール。6・15大阪でGHCヘビーに挑戦し、自らマスクを脱ぎ捨てペイント版マイバッハを披露した。いつも以上の暴走ファイトで鈴木を追いつめたが、鈴木軍の介入の末敗れてしまった。9・19大阪、飯塚とのノーDQマッチでの決着戦で勝利した。
引用元:プロレスリング・ノア公式サイト | PRO-WRESTLING NOAH OFFICIAL SITE http://www.noah.co.jp/profile031.php

マイバッハ谷口(マイバッハたにぐち Maybach Taniguchi、1976年10月18日 – )は日本の男性プロレスラー(覆面レスラー)、元自衛官。本名および旧リングネームは谷口 周平(たにぐち しゅうへい)。鳥取県倉吉市出身。プロレスリング・ノアに所属している。女子プロレスラーの西尾美香は妻。
>その後の谷口の不甲斐なさに、KENTAをはじめとするNO MERACYのメンバーは谷口に生まれ変わるようにと最後通告を行った[3]。
2012年2月25日、マスクを付け覆面レスラーとなり、新リングネーム「マイバッハ(MAYBACH)谷口」として登場。髙山とのタッグで丸藤&ヨネと対戦し、マイバッハボムでヨネに勝利した[4]。
引用元:マイバッハ谷口 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%8F%E8%B0%B7%E5%8F%A3

香山さんがマイバッハ選手に注目している最大の理由は「マスク一枚で人生はこれほどまで変わるのか」ということだ。

「私も『周たん』時代は『ああ、ハイハイ』とスルーだったのに、マスクを被ってヒールになったことで、すっかり夢中です。キャラ替えをするのであれば、小手先ではなく正反対を目指すべきなんでしょうね。最初は笑われてもいいから、やけっぱちで突っ走っていくうちに、たとえ中身や実力はそのままでも、見た目を変えたことで周囲の見方が一変したいい例だと思います。そして、いったん輝きだすと、欠点までもがカッコよく見えてくる」
引用元:精神科医・香山リカが熱視線! プロレスラー・マイバッハ谷口に学ぶ「人生を一変させる方法」 | 日刊SPA! http://nikkan-spa.jp/295676

 本名は平澤光秀。父親が指導する道場にて3歳よりレスリングを始める。その後は霞ヶ浦高等学校、専修大学でレスリングのキャリアを積み、数々の大会で優勝を果たす。新日本プロレス入門後の06年1月28日、後楽園ホールにおける飯塚高史戦でプロデビュー。4月26日、裕次郎(現:高橋裕二郎)を倒してデビューから約3ヶ月で初勝利を飾った。08年に入ると、ZERO1-MAX(現:ZERO1)との対抗戦で活躍。同年10月には、永田裕志とのタッグ“青義軍”で「G1 TAG LEAGUE」にエントリーした。09年9月、永田、S・S・マシン、井上亘と“新生”青義軍を結成。2010年、プエルトリコ遠征に出発。ヒデオ・サイトーとしてWWCマットで暴れまわり、カリビアンヘビー級王座、プエルトリコヘビー級王座を立て続けに獲得した。10年6月18日、大阪大会で試合後の永田裕志を突如、急襲!! さまざまな人格を宿した怪人と化し、CHAOSに加わって、永田の首をつけ狙った。
引用元:キャプテン・ニュージャパン|選手名鑑|DataBase|新日本プロレスリング http://www.njpw.co.jp/data/detail_profile.php?f=779

平澤 光秀(ひらさわ みつひで、1982年3月27日 – )は、日本の男性プロレスラー。新日本プロレス所属。北海道札幌市出身。名乗ったリングネームは、本名の他、ヒデオ・サイトー(Hideo Saito)。現在はキャプテン・ニュージャパン(Captain New Japan)。
>「キャプテン・ニュージャパン」へ転身[編集]
2011年12月9日、ヒデオ・サイトーと鈴木軍のタイチがファン投票ワーストとなった事で組まれたシングルマッチにおいて、ヒデオ・サイトーではなくキャプテン・アメリカを模作した『キャプテン・ニュージャパン』として突如ヒーローキャラとなって登場し、額・胸部・盾にはライオンマークが施されていた。しかし最後はカリビアン・デス・グリップというヒーローには似つかわしくない技でピンフォールを奪った。
引用元:平澤光秀 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%BE%A4%E5%85%89%E7%A7%80