「箕島高校」出身者 東尾修 吉井理人 嶋田宗彦 上川誠二 「高嶋仁」甲子園最多勝利 智弁和歌山監督

049fhpAVAb
東尾修 ひがしおおさむ
吉井理人 よしいまさと
上川誠二 かみかわせいじ
嶋田宗彦 しまだむねひこ
箕島高校(答)
大阪桐蔭
愛工大名電
天理高校

CIMG5248
高校野球の監督としての甲子園
最多勝利記録を保持している、
現在の智弁和歌山野球部の
監督は?
栽弘仁
尾文義
蔦藤公
高嶋仁(答)
たかしまひとし


かつて箕島高校の監督を務めた高校野球屈指の名監督は誰?
尾藤公(答)
びとうただし


徳島県の池田高校を率いて高校野球の甲子園大会で3度全国優勝を達成した名監督は誰?
蔦文也(答)
つたふみや


次の高校とその高校の野球部監督を務めた人物の正しい組み合わせを選びなさい
木内幸男───取手第二 きうちゆきお
香田誉士史───駒大苫小牧 こうだよしふみ
裁弘義───沖縄水産 さいひろよし

和歌山県立箕島高等学校(わかやまけんりつみのしまこうとうがっこう)は、和歌山県有田市に所在する公立の高等学校。
>野球部は、1960年代後半から80年代にかけ、尾藤公監督の下、高校野球の強豪校として全国的に知られる存在であった。全国制覇は春3回・夏1回の計4回を数えた。1979年には史上3校目となる甲子園春夏連覇を達成している(公立高校としては史上唯一)。なかでも春夏連覇を果たした79年夏の箕島対星稜延長18回の試合は有名である。
>嶋田宗彦 – 1979年春夏連覇の時の正捕手。住友金属を経て阪神。
>東尾修 – 投手。西武で通算251勝。その後。西武監督としてリーグ優勝2回。野球殿堂入り。
>吉井理人 – 投手。近鉄・ヤクルト・メッツなど日米7球団で通算121勝。
>尾藤公 – 元野球部監督。徳島・池田高の蔦文也らと並ぶ名伯楽として知られている。
引用元:和歌山県立箕島高等学校 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E6%AD%8C%E5%B1%B1%E7%9C%8C%E7%AB%8B%E7%AE%95%E5%B3%B6%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1

髙嶋 仁(たかしま ひとし、1946年5月30日 – )は、智弁学園和歌山高等学校野球部監督。長崎県の五島列島出身。
>1970年に大学卒業後、当時の上平雅史監督の指示により、先輩の赤松健守が監督を務めていた智弁学園高校のコーチとなる。1972年に同校監督に就任し、選抜高等学校野球大会ベスト4などの結果を残す。1980年に智弁和歌山へ転任、現在も監督を務める。1994年に選抜優勝。1997年、2000年の全国高等学校野球選手権大会で優勝。1996年、2000年の選抜と2002年の選手権は準優勝。2006年の選手権で中村順司(PL学園元監督)に次ぐ監督通算50勝および史上初の夏30勝を記録。
>采配は継投策をとることもあれば、先発投手を終盤ぎりぎりまで引っぱることもあり、試合展開によって使い分ける。先発投手の調子が悪いと判断したときは1回でも降板させることもある。また伝令や選手交代、攻守交替時での指示が勝利につながった例も数多く、その優れた采配力は同じ高校野球指導者である木内幸男や元プロ野球監督の野村克也が絶賛するほどである。
引用元:高嶋仁 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%B6%8B%E4%BB%81