「F」ブラザーズ 古田監督の頭文字から 2006ヤクルト外国人野手3人組「ラミレス」「リグス」「ラロッカ」

249XRqeFCu
2006年の東京ヤクルトスワローズ
で外国人野手3人につけられた
愛称は「◯・ブラザーズ」?
◯を答えなさい
F(答)
「F・ブラザーズ」

東京ヤクルトスワローズを古田兼任監督が率いたシーズンに、スワローズ打線にはラミレス、リグス、ラロッカの3人の外国人打者が並んでいました。このトリオに愛称をつけようという話になり、球団公募の結果、古田監督の頭文字をとって『F・ブラザース』と決まりました。当時の野球雑誌に3人揃ってのインタビューが掲載されており、「F・ブラザーズに解体はない!」と語っていましたが、1人減り、2人減り、そして今では…。
引用元:「F・ブラザーズ」とは何ですか? – 東京ヤクルトスワローズ… – Yahoo!知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1040856570

グレゴリー・マーク・ラロッカ(Gregory Mark LaRocca , 1972年11月10日 – )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州出身の元プロ野球選手(内野手)。
2006年、ヤクルトでは同僚のアレックス・ラミレス、アダム・リグスらと強力な中軸を形成。外国人野手3人組にはファン公募で「F-Brothers」というニックネームが付けられた。
引用元:グレッグ・ラロッカ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AB

アダム・デイヴィッド・リグス(Adam David Riggs, 1972年10月4日 – )は、アメリカ合衆国オハイオ州出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。
>ヤクルト時代[編集]
2005年開幕当初は変化球攻めに遭い、シーズンは2軍スタートとなったが、4月半ばに一軍合流。しばらくは右翼、交流戦の指名打者・代打での出場が続いたが、7月半ばに鈴木健の離脱で一塁手として出場機会を得ると、持ち味のシュアな打撃を武器に活躍を見せ始めた。7月31日の対阪神タイガース戦では、藤川球児から決勝本塁打を放ち、この年の藤川に唯一の黒星を付けている。8月5日 – 6日の対読売ジャイアンツ戦では、8打席連続安打の固め打ちも見せた。結局規定打席不足ながらも打率3割、14本塁打と結果を残して残留が決まった。
引用元:アダム・リグス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%82%B0%E3%82%B9

アレキサンダー・ラモン・ラミレス(Alexander Ramón Ramírez , 1974年10月3日 – )は、ベネズエラ出身の元プロ野球選手(外野手)。「ラミちゃん」の愛称や[1]、本塁打を放った後にベンチ前で披露するパフォーマンスで知られていた。2016年から横浜DeNAベイスターズ監督(第30代(大洋ホエールズからの通算))を務める。
2001年にヤクルトスワローズに入団して以来、10年以上にわたってNPBの3球団で活躍。横浜DeNAベイスターズ時代の2013年には、NPB通算2000本安打を達成したことで、NPBの外国人枠適用経験選手では初めて名球会への入会を果たした。2014年には、KOYO開発都市開発の社長に就任[2]するかたわら、ベースボール・チャレンジ・リーグの群馬ダイヤモンドペガサスで打撃コーチ兼外野手としてプレー。この年限りで現役を引退すると、2015年から同球団のシニアディレクターに就任した。さらに、2015年6月22日から9月30日までは、オリックス・バファローズの一・二軍巡回アドバイザーを兼務。2016年からは、古巣のDeNAで一軍監督を務める[3]。
引用元:アレックス・ラミレス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%AC%E3%82%B9