「森重真人」日本代表にもなったFC東京のDF 広島皆実(みなみ)高校出身

115fvCGdGS
広島皆実高校出身 
大分トリニータでプロデビュー
ポジションはDF
現在はFC東京に所属
山田大記 やまだひろき
山口螢 やまぐちほたる
森重真人(答)もりしげまさと
扇原貴宏 おうぎはらたかひろ

扇原貴宏選手のエフェクトあるかどうか不明ですが、お「う」ぎはらたかひろのようです。扇千景は「おおぎちかげ」

075FnOOvOTjEn
サンフレッチェ広島ユース出身
ミドルシュートが得意
得点能力の高い攻撃的MF
サンフレッチェ広島に所属
山口螢 やまぐちほたる
斎藤学 さいとうまなぶ
高萩洋次郎(答) たかはぎようじろう
森重真人 もりしげまさと
引用元:高萩洋次郎 サンフレッチェ広島 ミドルシュート攻撃的MF | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/5159/


女性初の参議院議長になった元女優の国会議員
扇千景
おおぎちかげ(答)

森重 真人(もりしげ まさと、1987年5月21日 – )は、広島市安佐北区出身のプロサッカー選手[6][7]。Jリーグ・FC東京所属。ポジションはミッドフィールダー(MF)[4]及びディフェンダー(DF)[8]。日本代表。
>しかし、ユース[注 1]の昇格は逃す[6][19]。昇格に漏れた経緯を今でも詳しく思い出せない程のショックを受けたが、上野展裕監督から「サンフレッチェにスカウトしてもらえるようにがんばれ」と言葉を添えられ[19]、また高校からの方がプロ入りに近付けると前向きに考え[15][20]、広島皆実高等学校に進学。1年生の頃から守備的MFとして試合経験を重ね、2年生以降は中心選手として活躍し、U-17日本代表に選出された[19]。高校の2年先輩には吉弘充志がいる。
>大分トリニータ[編集]
世代を代表するボランチとして成長したが広島からの声は掛からず[19]、大分スカウトの片野坂知宏から誘いを受け、2006年に大分トリニータへ入団。ボランチとして加入したが[4]、シャムスカ監督は森重をセンターバック(CB)として起用[21]。フィジカルと空中戦の強さはチームメートの梅崎司からも高く評価されていた[22]。10月にはAFCユース選手権2006日本代表に選出され、グループリーグ第2戦の対タジキスタン戦で梅崎からパスを受け豪快なミドルシュートを決めるなどの活躍を見せ、日本の準優勝に貢献。
>FC東京[編集]
2009年のシーズン終了後チームのJ2降格や深刻な経営難が表面化したため移籍を決意。川崎や浦和との競合の末[31][32]、2010年からFC東京に移籍することが発表された[8]。
>2014年は、世界仕様に近付くために激しさ[57]と緻密さを磨き[58]、同年6月開催のW杯ブラジル大会の日本代表メンバーに選出された[44]。硬直化していた守備陣の中で[59]力強さと配球力を発揮して[60]主力を脅かす存在となり[61][56]、本大会第1戦コートジボワール戦ではフル出場。しかし懸命に体を張った守備も及ばず[62][63]逆転負けを喫した。第2戦・第3戦は出場機会が無く、グループリーグ敗退に終わった。JリーグではDF勢で最多得票を集め[64]2年連続でのベストイレブン選出。
2015年はプレースキッカー太田宏介とのホットラインもあり[65]J1での自己最多得点を記録。同年8月の東アジアカップでは、日本代表の主将を務めた[66]。
引用元:森重真人 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E9%87%8D%E7%9C%9F%E4%BA%BA

山田 大記(やまだ ひろき、1988年12月27日 – )は、静岡県浜松市出身のプロサッカー選手。2.ブンデスリーガ・カールスルーエSC所属。ポジションはミッドフィールダー。
引用元:山田大記 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%94%B0%E5%A4%A7%E8%A8%98

山口 螢(やまぐち ほたる、1990年10月6日 – )は、三重県名張市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・セレッソ大阪所属。ポジションはミッドフィールダー(MF)。日本代表。
引用元:山口蛍 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E8%9B%8D

扇原 貴宏(おうぎはら たかひろ、1991年10月5日 – )は、大阪府出身のプロサッカー選手。Jリーグ・セレッソ大阪所属。ポジションはミッドフィールダー(ボランチ)およびディフェンダー(センターバック・左サイドバック)。Jリーグでの登録上のポジションはディフェンダーだが、ミッドフィールダーでの出場が大半である。元日本代表。
引用元:扇原貴宏 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%87%E5%8E%9F%E8%B2%B4%E5%AE%8F